人気ブログランキング |

僕の夏休み(帰国)

チェックインの手続きを済ませて潮樓というレストランへ。
名前からすると潮州料理の店でしょうか。
e0303726_17381864.jpg
実は搭乗まであまり時間に余裕が無かったのですが、空港のレストランだからさほど待たされることはないだろうと考えたのは日本人的な感覚だったみたいで、最初の料理が出てきたのは、注文してから20分以上後でした(>_<)
欖菜肉鬆四季豆です。(レシートによる)
e0303726_17442800.jpg
で、2品目は飲茶(たぶん餃子だったと思います)を頼んでいたのですが、オーダーミスで違うものが運ばれて来たので、「時間が無いのでキャンセルします」とお断りして搭乗口へと向かうことに。
でも、このインゲンとひき肉の炒め物は美味しかったです!

搭乗ゲートは206番。チェックインの際に、略図を渡されてシャトルトレインに2回乗るように言われたのですが、かなり遠かったです。
広い空港なので、時間に余裕を持って行くことを強くオススメします。


e0303726_18020888.jpg

ということで、「空港でお土産買えばいいや」と思っていたのに、時間が無くてちょこっと中国茶の詰め合わせみたいなのを買っただけ。
ゲートに着くと搭乗が始まっていました。
帰りは香港エクスプレスの高松行きです。


e0303726_23191690.jpg
もともと香港に行こうと思いついたのは、7月に開設された高松⇔香港線が片道9,800円という広告を見たのがきっかけでした。
当初、高松からの往復で考えていたのですが、仕事の都合で休みのスケジュールが変更になって高松から出発することができなくなった(高松からは毎日飛んでいない)ため、行きはpeachで飛んだというわけです。


ちなみにこれから乗るこちらの機材は・・・
e0303726_23392866.jpg
讚岐烏冬(Sanuki Udon)号です(笑)

e0303726_23451209.jpg
帰りも足元の広い非常口座席を予約していました。
e0303726_23533951.jpg
LCCの場合、運賃は安いのですが、座席指定(HKD180)をしたり、手荷物(1個HKD390)を預けたりすると結構高くなります(>_<)

ほぼ満席でした。
CAさんの制服が、チャコールグレーにウエストが紫のラインでなかなか素敵な色合いです。
e0303726_00053523.jpg
滑走路が混雑していたようで、50分後にようやく離陸。

ろくに昼ごはんを食べてなかったので、機内サービスが始まるや否や点心セットを注文。
e0303726_21590279.jpg
見かけがイマイチでしょ?でも、これがですねー、機内食とは思えないクオリティでして、何と今回の香港旅行で食べたものの中で一番美味しかったです^^;

機内販売のカタログを見ると、余ったHKDで買えるものがあったので、小銭を積んでカートが来るのを待ちます。
e0303726_22074917.jpg
CAさんに笑われてしまいましたが、交換したのはこちら!
e0303726_22093567.jpg
お土産が買えて良かった(笑)

夕闇が迫ってまいりました。
e0303726_22113363.jpg
午後8時半過ぎ、高松空港に到着。
e0303726_22125053.jpg
ちなみに、入国審査は日本人と外国人とにレーンが分かれているのですが、日本人は20人足らずでした。
香港の皆さん、一体四国のどこへ行くの?って余計な心配をしてしまいましたが、これだけ大勢の方が四国を訪れていただけるのは大変ありがたいことではあります。

さて、高松空港からは予約していたレンタカーで松山へ。(愛媛ナンバーだったので、先客が松山から高松空港まで利用した車を、私がわざわざお金を払って松山まで返しに行ってあげたみたいな感じ?)
e0303726_22181592.jpg
ちなみに、この日の関空から松山までのpeachの運賃は一人1万円以上だったので、レンタカーの方が随分安くつきました。
とは言え、旅行疲れの中、高速を2時間近く運転して帰るのは、なかなかしんどかったです(>_<)

強烈な暑さと湿度とガンガンに効いた冷房のせいで初日に体調を崩し、一時はどうなることかと思いましたが、幸いなことに一晩寝たら回復して何とか旅を楽しむことができました。
でも、ガイドブックを2冊も買ったわりには完全にリサーチ不足で、本格的な中国料理やスイーツを食べることができなかったのは心残り。
香港はまだまだ行きたいところもたくさんあるし、また行けるといいな。

ということで、香港旅行にお付き合いいただきありがとうございました。



by iamamii | 2016-10-04 13:42 | 香港 2016年8月 | Comments(4)

僕の夏休み(空港へ)

チェックアウトした後も荷物を預かってもらい、もう少しブラブラ。
メインストリートのすぐ傍でも、こうして店先にお供えものをして神様を祀ってるのを良く見かけました。
e0303726_19043362.jpg
さて、スイーツを殆ど食べてなかったので、佐敦駅近くのこちらの店へ。
e0303726_19074540.jpg
店内はほぼ満席で、入口近くのテーブルで相席させてもらいました。
デザート屋さんだと思っていたのですが、私達の前に座ってる女性はマカロニが入ったスープを食べてました。
お昼ごはんだったのかも。
そしてこちらは、たぶん店の従業員さんが持参したお弁当を食べてるんだと思います。
e0303726_19353241.jpg
実はこのテーブルが空いてたので座ろうとしたのですが、ここはダメだと言われました。
広東語で無表情でしゃべられると、怒ってるようにしか聞こえません(^_^;)

さて、こちらは相方が注文したチョコレート味の牛乳プリン。
e0303726_19391403.jpg
私はマンゴーミルクセーキ?
e0303726_19424287.jpg
味は悪くないのですが、席が超狭くてゆっくりできる雰囲気ではありません。
ということで、10分ほどで店を出ました。
こちらの看板が有名ですね。
e0303726_19462204.jpg
彌敦道と佐敦道の交差点にある特徴的なビル。
e0303726_19504225.jpg
マデラホテルはこの交差点から200mほどだったので、便利な場所でした。
ホテルで荷物を受け取ってタクシーをお願いしたら、スタッフのおにーさんが彌敦道まで出てタクシーを停めてホテル前まで回してくれましたよー。
ちょっと嬉しかったので、今回の旅では初めてとなるチップを渡しました。
ちなみに25年前に来た時は、トイレに蛇口をひねってくれたり、タオルを差し出してくれたりする人がいて、チップを渡した記憶がありますが、今回は見かけませんでした。

さて、タクシーで九龍駅まで行って、エアポート・エクスプレスに乗るつもりだったのですが、わずか2km足らずの距離なのに、道路工事の影響からか途中から道が激混み。
こればちょっとマズいぞと思い始めたところ、運転手さんが空港まで○○HK$で行けるけどどうか?との提案があり、さほど高くなかったので、「じゃあお願いします」となりました。(値段覚えてませんが、日本円で3,000円くらいだったと思います。香港のタクシーは安いです)
ということで、九龍駅の手前からハイウェイに乗ります。
e0303726_20231722.jpg
スイスイ走って40分ほどで空港に到着しました。
運転手さん、ありがとう!
e0303726_20263511.jpg
動く歩道、点検中でした^^;
e0303726_20282259.jpg


by iamamii | 2016-09-29 19:20 | 香港 2016年8月 | Comments(0)

それでは油麻地の街を歩いてみましょう。
この一角は九龍水果批發市場という果物卸売市場です。
e0303726_10561147.jpg
色鮮やかなドラゴンフルーツ。
e0303726_10574883.jpg
「ふじ峰」「おやつ」の文字が見えます(笑)
e0303726_11141692.jpg
途中で左に折れて上海街へ。
工芸品店かと思って撮ったのですが、よく見ると仏具屋さんですね^^;
後でガイドブックを見ると「上海街には仏具店が多い」と書いてありました。
e0303726_12181069.jpg

大きな木が繁る公園が見えてきました。
e0303726_11233870.jpg
上の画像の左手にお寺があります。
e0303726_11271791.jpg
昨日行った文武廟同様に渦巻線香がたくさん吊り下げられています。
廟内には天后像があって中国寺院らしいカラフルな装飾が施されていました。こちらもなかなか雰囲気のあるお寺だったので、行って良かったです。
e0303726_11302871.jpg
廟の前の公園では将棋をする人や木陰のベンチに寝っ転がってる人など、皆さん思い思いに朝の時間を過ごしていらっしゃいます。

e0303726_11415717.jpg
こちらはビルの中を道路が通ってる珍しい風景。
e0303726_16515928.jpg
初日のパンダバスのナイトツアーでこの近くを通った時、ガイドのおじさんが「ビルが先にできたのか、道路が先にできたのか、さてどっちでしょう?」ってクイズを出してました。

甘肅街を通って新填地街へ。
お肉屋さん。
e0303726_16101182.jpg
北海街との角から先は野菜などを売る青空マーケットが。
e0303726_16365160.jpg
新鮮野菜がズラリ並んでました。

e0303726_16354541.jpg

さて、ぼちぼち切り上げましょう。
歩いて佐敦へ戻り、お土産を探しに裕華へ行ったけど、特に買おうと思うようなものがありませんでした。
e0303726_16590430.jpg
ホテルへ戻ってシャワーを浴びて荷物をまとめます。
ということで、午前中も暑いのですが、それでもまだ午後よりは随分マシなので、夏場の香港は朝早く起きて行動するのが正解だと思います。


by iamamii | 2016-09-29 12:50 | 香港 2016年8月 | Comments(0)

3日目(最終日)です。
旅行に来たときはいつも、朝カーテンを開けて晴れてたら「天気で良かった!」と思うのですが、「今日も晴れか、はぁ025.gif」と思ったのは今回が初めてです(>_<)
e0303726_20102181.jpg
最終日はノープランだったワタシ。
相方に「どこ行きたい?」と持ちかけたところ、しばらくガイドブックを眺めたあとで返って来た答えは油麻地、旺角エリアでした。
行ってみましょう。


日焼けした上半身裸のオジサン。
ここは香港のメインストリート彌敦道(ネイザンロード)ですよ~
いつまでも変わってほしくない朝の香港の風景です。
e0303726_20253878.jpg
佐敦からMTRで隣の油麻地へ。
本日の朝食は駅からすぐのこちらでいただきます。
e0303726_20341670.jpg
1階も空きがありましたが、2階席へ上ってみましょう。
e0303726_20354737.jpg
窓側の席へ。
e0303726_20373449.jpg
実はいけたびさんの記事を見て三文治(サンドイッチ)が食べたかったのですが、もしかして朝は限定メニュー?
e0303726_10351779.jpg
朝マックかっ!
e0303726_10354253.jpg
ということで、極力推介(笑)の蝦籽珍珠雲呑麵を注文。
まずはコーヒー。
e0303726_20474807.jpg
カップがキュート。

相方はアイスレモンティー。
e0303726_20502675.jpg
ほどなく料理が運ばれてきました。ちなみに相方も同じものでした。
エビのワンタンが麺に隠れていますが、なかなか美味しかった。
e0303726_20530051.jpg
最後に香港を代表する麵を食べることができて良かったです!




by iamamii | 2016-09-27 21:01 | 香港 2016年8月 | Comments(4)

毎晩20:00からヴィクトリア・ハーバーで行われている光のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」を見るためにスターフェリーピアへやってまいりました。
またまたタクシーに乗ったのですが、後になって思えば「天星碼頭(スターフェリーピア)」と行先を書いた2階建てバスが頻繁に走ってたので、バスで行けば良かったなぁと後悔。(終点なので降りそびれる心配もないし)
写真が傾いてますが、ご覧のとおり人、人、人です。
e0303726_17240024.jpg
香港の夜景は世界三大夜景(香港、函館、ナポリ)のひとつですよ~
ちなみに世界新三大夜景(長崎、モナコ、香港)のひとつでもあります。
e0303726_17272935.jpg
後ろを振り返ると尖沙咀のシンボルでもある時計塔。
e0303726_17363136.jpg
期待に胸をふくらませながら午後8時を待ちます。

ん?始まったの?どうなの?みたいな感じ。
e0303726_18302937.jpg
振り向くと時計塔に映像が投影されてました。流行りのプロジェクションマッピングですね。
e0303726_18323588.jpg
レーザー光線。
気象条件のせい?ちょっとわかり難いです。
e0303726_18223805.jpg
ショーの終盤、赤い帆の船がやって来ました。
「シンフォニー・オブ・ライツ」を見るためのクルーズ船だと思いますが、これがいいアクセントになってました。
e0303726_18385986.jpg
ということで15分間の無料のショーでしたが、正直うーん、って感じでした。
気象条件が悪かった?
いや、たぶん私が期待し過ぎてたせいでしょう^^;

さて、気を取り直して晩ごはんです。
ガイドブック(地球の歩き方)でスターフェリーピアの近くで飲茶が食べられる店を探してました。
400mくらいの距離なのに、ちょっと迷ってまあまあ時間がかかって到着^^;
e0303726_19044219.jpg
予約をしてなかったのですが、すぐに席に案内してくれました。

相方はジャスミン茶。
e0303726_19112103.jpg
私は飲茶でもビール^^;
e0303726_19124201.jpg
こちらのレストラン、ガイドブックの「飲茶の店」を紹介するページに載ってたのですが、何故か単品の飲茶はメニューにありませんでした。
ということで、点心の盛り合わせ。
e0303726_19170982.jpg
動物の形の点心が店のウリです。
e0303726_19201360.jpg
e0303726_19191156.jpg
続いては相方がチョイスしたチャーシューと干し海老と卵入り焼きビーフン。
味は良かったけど、かなりの量だったので、これでお腹が一杯になってしまいました。
e0303726_21154095.jpg
白ワイン~
e0303726_21181027.jpg
広い店内は照明が明るく、ホテルのバンケットルームみたいな雰囲気で、その点は良かったのですが、値段のわりにサービスはイマイチでした。

店に来たのと反対方向に出るとすぐ尖沙咀プロムナードでした。海沿いに歩いて来たほうが早かったみたい^^;
大勢の若者で賑わってました。
e0303726_21303839.jpg
最後は圧倒的な存在感を誇るこのホテル。
e0303726_21345791.jpg
いつかは・・・・・・ですね。


by iamamii | 2016-09-25 17:03 | 香港 2016年8月 | Comments(2)

予定より早く香港に戻って来たので、近くの文武廟を見に行こうかということに。

フェリーターミナルから歩いて山側に向います。
地図アプリによると、この階段を上がった辺りです。
e0303726_20163615.jpg
ふぅー。
こんな坂の上だとは思いませんでした^^;
e0303726_20173220.jpg
昨日のPMQもそうでしたが、上環、中環の辺りは海の近くまで山が迫っているので、観光スポットはどこもこんな感じの坂の上なのかも。

文武廟の文字が切れています。下手な写真でスマソ。

e0303726_20213801.jpg

香港で最も古い道教のお寺だそうです。中に入ってみましょう。

天井から無数の線香が吊り下げられています。明るく写ってますが、廟内は薄暗く、線香の煙が立ち込める中に光が射してる様は幻想的でした。
e0303726_20244895.jpg
渦巻き線香は、お金を払うと係のおじさんが吊るしてくれるみたいでしたが、まあまあ高かったのでやめました^^;
でも、2週間もの間燃え続けるそうですよ。


e0303726_20232447.jpg
上環の街角で見かけたドリアン。
e0303726_07334757.jpg
オクトパスの残額が少なくなったのでチャージしてMTRでホテルに戻ってきました。

e0303726_07345854.jpg
相方は部屋で休憩ちう。
私はホテルの取材をしなければ(笑)
外観①
e0303726_08285579.jpg
外観②
e0303726_08294410.jpg
ホテルのすぐ横に両替商が2軒。
ちなみに私は向かって左側の店で両替しました。窓口のおねーさんが良さそうな方だったからです。そんな理由かい!
e0303726_08304966.jpg
ロビー(フロント)の様子。カウンターの後ろは蔦が茂るグリーンウォールです。
そして、カウンター横の立て看板にBACK TO HONG KONG 60S'と書いてあります。
e0303726_08334473.jpg
看板の右手の通路を奥に進むと、1960年代の佐敦界隈の街や家庭の様子を再現したギャラリーが現れます。
e0303726_08415349.jpg
毛沢東のポスターが貼ってありますが、当時の家庭はこんな感じだったんでしょうか。
e0303726_08520293.jpg
ラジオ、カメラ、タイプライターなどアンティーク品が一杯。
e0303726_08590780.jpg
そして一番奥に広い空間が。
e0303726_09015640.jpg
やけに広いなと思ったのですが、後で香港ナビの写真を見たら、このスペースにクラシックカーが写っていました。
この時はどこかに貸し出ししてたのかもしれません。

最後は壁一面に貼ってあるLPレコードのジャケット。(一番入口側にあります)
e0303726_09080139.jpg
懐かしーい!
e0303726_09180235.jpg
でも、ベイ・シティ・ローラーズって60年代ではありませんよー037.gif

by iamamii | 2016-09-21 21:05 | 香港 2016年8月 | Comments(0)

香港2日目の朝です。
今日も晴れて暑そう^^;
でも、まあまあ眠れたので体調も回復しました(^^)
e0303726_22122293.jpg
マデラホンコンのある長樂街の様子。
e0303726_22180949.jpg
ネイザンロードに出て北へ。
e0303726_22185575.jpg
最初の角を右に折れると西貢街という通りです。
e0303726_22245532.jpg
本日の朝食はガイドブックなどにも出ているこちらの店でいただきます。
e0303726_22275024.jpg
ガイドブックによると1964年創業だそうです。ワタシと同年代^^;
e0303726_22325991.jpg
メニューはこんな感じ。って、全く読めないので、ジャパニーズメニュー、プリーズ!
e0303726_22383880.jpg
ということで、相方はアワビ入り粥。
HK$160もしたのですが、独特の臭みがありました。
e0303726_22394017.jpg
私は牛肉の薄切り入り粥HK$35。(アワビとは値段が随分違います)

e0303726_22412479.jpg
お粥自体は肉のダシが出ていてアワビ粥より味がしっかりしていましたが、こちらも肉がちょっと肉々しくて・・・

相方は、隣のテーブルに無造作に置いてあったレバーが気になって仕方がなかったみたい(笑)
e0303726_22510546.jpg
ということで、「レタスと魚のすり身団子入り粥」とかの無難なメニューにしとけば良かったかも。
でも胃腸が弱っていたので、お粥を食べたのは正解でした(^^)

さて、食後は店の近くで両替をして・・・
e0303726_23063023.jpg
MTRでマカオフェリーターミナルへ向かいます。
e0303726_23072338.jpg



by iamamii | 2016-09-05 23:08 | 香港 2016年8月 | Comments(0)

ペニンシュラの隣のSOGO(崇光)。昔は銅鑼灣(コーズウェイベイ)にしかありませんでした。
e0303726_13223138.jpg
ここで相方がたまらず日傘を購入。メイドインジャパンです(笑)

さて、これから日本で予約していたパンダバスのツアー、オープントップバス・ナイトドライブに行きます。
集合場所であるカオルーンホテルのロビーラウンジでスイカジュースを飲みながら時間を潰すこと小1時間。
e0303726_21503448.jpg
こちらのオープントップの2階建てバスに乗ります。
日本語ガイドのツアーなので、お客さんは全て日本人です。
e0303726_13321710.jpg
ペニンシュラホテルの前を通って、
e0303726_13352544.jpg
もう1箇所ニューワ-ルドミレニアム香港ホテルでお客さんをピックアップしてネイザンロード方面へと引き返します。
途中、海岸沿いを走るので、香港島の夜景を見ることができます。(走行中なのでピンボケでスマソ)
e0303726_14073008.jpg
頭上スレスレのところにあるネオンサインの下を2階建てバスがくぐり抜けていくところが、このツアーのウリですが、ちょっとネオンがショボいかも。
e0303726_13454823.jpg
こちらは男人街かな。
e0303726_14572348.jpg
こちらのネオンの下でバスを停めて、ガイドの中国人のオジサンが写真撮影してくれますよ~。
e0303726_14173945.jpg
ちなみにiphoneを持ってる方は1組あたり3ショット、それ以外のスマホの方は1ショット。
オジサンさん曰くiphoneはカメラの性能が良いので素早く撮影できるからなんだとか(笑)
e0303726_14192290.jpg
女人街に到着しました。
バスはこの先出発したカオルーンホテルまで戻りますが、ここでバスを降りて解散することも可能。
ということで、私達はこちらの方が泊まってるホテルに近いので、ここで降りることに。
e0303726_15032880.jpg
25年前にもパンダバスのツアーに参加したのですが、その時はネオンがそれこそ頭の上から降ってくるような感覚でしたが、今回はそれほどでもありませんでした。
むしろ、高架の下がトンネル状になってて、そこをくぐり抜ける機会が二度あるのですが、ガイドさんが「トンネルを通る時はジェットコースターみたいよ。はい、ジェットコースター準備ね!」とアナウンスがあって、トンネルを下って上るこちらのほうが盛り上がりました。

昔と比較して、ネオンサインが減ったのか、それともバスが通るコースが変わったのか、或いは私が期待し過ぎてたのか理由はよくわかりませんが、1時間足らずバスに乗ってるだけで3,500円(二人で7,000円)は正直高いと思いました。

女人街をちらっと歩いたのですが、特に買いたいようなものも無かったので、タクシーでホテルへ。
さて、夕食は中国風炊き込みご飯を食べようと計画してたのですが、ヘンな時間にアフタヌーンティーを食べたこともあってお腹が減りません。
ということで、ホテルの屋上(29F?)にあるhorizonte loungeへ。
滞在中、一度は行ってみようと思っていた夜景の綺麗なオープンエアのバーラウンジです。中央に小っちゃく香港島の中国銀行タワーが見えますね。
e0303726_22253437.jpg
照明がグッと抑えられてて彼女を口説くのに最高のムードですよ(笑)
e0303726_22353322.jpg
香港ビールで乾杯!
e0303726_22361432.jpg
チキンバーベキューっていうのを注文したらこれが出てきました。なるほどね!
e0303726_22415667.jpg
ちなみに私は胃腸がヘバってたので食べておりません。なのにビールは飲むんかい!っていう話なんですけどね(笑)
はい、1日目はこれで終了です。


by iamamii | 2016-09-02 15:03 | 香港 2016年8月 | Comments(0)

僕の夏休み(香港島へ)

香港に着いたばかりですが、外は強烈な暑さ。
陽射しが弱まる夕方まで2時間ほどホテルで休養しました^^;
ちなみにマデラ ホンコンは全88室とのことですが、ご覧のとおり1フロアに4室くらいしかない細長くて高層の建物です。
e0303726_18325040.jpg
そしてカオルーンのメインストリートであるネイザンロードのすぐそばなのですが、通りからは40mほど入った場所なので、滞在中外の音などは全く気になりませんでした。

ネイザンロードからタクシーに乗車。
e0303726_18463157.jpg
スターフェリー乗り場へやってまいりました。
e0303726_18472682.jpg
乗場へ続く通路から・・・
e0303726_18492640.jpg
香港島が見えます。
e0303726_18504095.jpg
少し待ってると対岸からフェリーが到着。
乗ってきた人が下りるのを待って乗船。
チラっと写っていますが、船員さんがまさにセーラー服でした(^^)
e0303726_18532139.jpg
出航ー!
e0303726_18551031.jpg
少し進むと高層ビル群が大きく目の前に迫ってきました。
天気が良かったので、鏡張りのビルがキラキラ輝いてことさらキレイ。
e0303726_19080117.jpg
これが香港だよ!と初めて来た相方に伝えます。
相方も凄いね!と感心してました。
この景色が見たくて香港に来たと言っても過言ではありません。

フェリーは7、8分で灣仔(ワンチャイ)に到着。
e0303726_19192741.jpg
目指すはグランドハイアット。
地図で見るとすぐだと思ったのですが、相変わらず場所がわからずまあまあ時間がかかりました。
e0303726_19245572.jpg
アールデコ調の重厚な雰囲気のロビーです。
e0303726_19274944.jpg
ここへ来た目的はラウンジ「ティッフィン」でのアフタヌーンティーです。
アフタヌーンティーはペニンシュラホテルが有名ですが、スターフェリーやトラムに乗りたかったので、香港島のホテルでアフタヌーンティーをいただくことにしました。
この時、既に午後4時すぎ。
ラウンジの受付で「5時までなので」と何度も言われたのですが、どうしてもアフタヌーンティーがしたいとお願いしました^^;

窓側の席に案内されましたが、景色はさほどよくありませんでした。
アフタヌーンティースタンドがやってまいりました。
e0303726_20230046.jpg
お茶はスタンドの料金に含まれていて、数種類からチョイスすることができます。私はオーソドックスなダージリンにしました。
一番上の段はスコーン。
ジャムとクリームが贅沢ーって感じ(^^)
e0303726_20253197.jpg
2段目はスイーツ。
e0303726_21294308.jpg
3段目はロールケーキとマンゴーがトッピングされたゴマのババロアなど。
e0303726_21250454.jpg
4段目はミニサイズのハンバーガーなど。
e0303726_21261097.jpg
一番下の段はサンドイッチでした。

アイスクリームバーが間もなく終了すると何度も案内があったので、さして食べたくもなかったのですがシブシブ取りに行きました(笑)
e0303726_21355414.jpg
パッションフルーツとラズベリーだったと思います。
e0303726_21385324.jpg
全体的にパン系が多かったので、お腹が一杯に。
文字どおり午後のティータイムを楽しむのであれば、スタンドは一人分にして、お茶だけ2人分注文してシェアしたので十分だと思います。
40分足らずではありましたが、ピアノとチェロの生演奏もやってて、しばし優雅な時間を過ごしました(^^)



by iamamii | 2016-08-29 18:28 | 香港 2016年8月 | Comments(4)

それでは宿泊したホテルをご紹介します。
香港には非常に多くのホテルがあるので、どこに泊まるかかなり悩んだのですが、最終的にトリップアドバイザーの香港のホテルランキングが第26位と上位なのに、お値段がまずまずリーズナブルだったことが決め手となりました。(Booking.comというところで予約。キャンセル不可の条件付きで1泊13,000円くらいでした)

ロビーというかエレベーターの様子。
この左手にフロントのカウンターがありますが、ロビーは狭く、椅子も2脚くらいしかありません。
そして、日本語の話せるスタッフもおそらくいません。
e0303726_15575637.jpg
部屋はデラックスクイーンルームというカテゴリーです。
e0303726_14503073.jpg
25~30㎡くらいでしょうか。圧迫感もなく、ちょうど良い広さです。
e0303726_14543145.jpg
ミニバーが無料(但し、補充はありません)で、ミネラルウォーターも2本付いていました。(1本は早速冷蔵庫に入れました)

e0303726_14581444.jpg

冷蔵庫の中の飲み物も無料です。
e0303726_15041521.jpg

コンセントですが、香港はBFタイプという少々特殊な形状なので、私は日本でアダプターを購入して持って来てたのですが、ここのホテルにはアダプターが備え付けられていました。(一番手前の白いのがそうです)
ちなみにWi-Fiは無料です。また、無料のスマートフォンの備え付けがありましたが、使うことのメリットがイマイチわからなかったので使いませんでした。
e0303726_15092847.jpg

クローゼットは鏡張りでスタイリッシュ。
e0303726_15104409.jpg

向かって右の扉を開けるとセイフティーボックス。
e0303726_15160439.jpg

緑の袋の中身はヘアドライヤーです。

左側の扉にはバスローブと使い捨てのスリッパ。

e0303726_15170640.jpg

こちらバスルーム。すりガラスなのでちょっとシルエットがわかりますね。夫婦やカップル以外だと気になるかも008.gif
e0303726_15243787.jpg

洗面台。
e0303726_15300740.jpg

シャンプー類。
e0303726_15320328.jpg

アメニティ。銀色のパッケージは裏側が透明になっているので、何が入ってるかはわかるのですが、歯ブラシやカミソリなど種類は最小限でした。
e0303726_15342773.jpg

トイレは洗浄器付きではありません。香港のホテルで洗浄器付きのところは少ないんじゃないかな。
ペーパーホルダーの取り付け位置が悪く、使いづらかったのは、この部屋の数少ない難点。
※バスルームにコンセントが無く、ヘアドライヤーがデスクでしか使えないのも不便でした。
e0303726_15392227.jpg

部屋のカテゴリによってはバスタブの無い部屋もあるようでしたが、広いバスタブ付き。
e0303726_15451430.jpg

そして特筆すべきはこれ!
よく見ると小さな穴が開いてますが、ジェットバスでーす。
e0303726_15463611.jpg

お湯を張ってスイッチを入れると、かなり強力なジェット水流が起ります。あ、写真撮ってないや^^;
とっても気持ち良くて、滞在中何度も入りました。
バスルームにはBGMも流れててリラックスできました(^^)

最後に景色ですが、ビルでーす(笑)
e0303726_16042919.jpg









by iamamii | 2016-08-29 16:04 | 香港 2016年8月 | Comments(2)