人気ブログランキング |

台湾3日目。帰国日です。
今日が一番天気がいいかも^^;


e0303726_20111581.jpg

午前7時の阜杭豆漿(笑)
昨日と同じくらいの列の長さです。


e0303726_20112625.jpg

1時間後。
ちょっと延びてます。

e0303726_20164822.jpg

さて、今日の朝食はラウンジでいただきます。
徹底取材しますよー(笑)
まずはパン。


e0303726_20125382.jpg

このスープ、優しい味で美味しかったです!

e0303726_20131117.jpg

ハム類とポテト類。

e0303726_20131923.jpg

煮込んだ料理。

e0303726_20132652.jpg

和えた料理。

e0303726_20133513.jpg

ナッツとサラダ。

e0303726_20134165.jpg

ワッフルと目玉焼き。

e0303726_20134773.jpg

ワタシ的には卵料理をその場で作ってくれるホテルは無条件に高評価です037.gif

e0303726_20140492.jpg

ということで、こんなチョイスになりました。

e0303726_20141088.jpg

細長いパンはサワークリーム?入り。

e0303726_20142283.jpg

相方はヘルシー系。

e0303726_20143177.jpg

コーナーのソファー席を選んだところ、テーブルの位置が高くて食べ難かったことを除けば、とても充実した朝食でした。



by iamamii | 2017-02-25 20:17 | 台北 2017年1月 | Comments(0)

ホテルに戻ると部屋にオイルヒーターが置いてありました。


e0303726_20112411.jpg

実は、この日の朝食の際にホテルの設備やサービスについてのアンケートの記入を求められたので、エアコンの温度が上がらず寒かったと書いたのです。
オイルヒーターの傍にフロントからのメッセージも添えられていて、これはとても嬉しかったです。

早速スイッチを入れて2時間ほど部屋でノンビリ。
中年夫婦の旅は休憩が多いのです^^;

夕食はMRTに乗って永康街へ。
東門站から歩いて数分の大来小館です。

以前、こちらの魯肉飯がテレビで紹介されていたのをメモっていたのですが、あいにく満席。
待つと言ったところ、待つのはダメだと言われので違う店へ行くことに。
何故ダメなのかわかりませんでしたが、断り方が感じ悪ぅーでした。


e0303726_12035701.jpg

駅方向に引き返して度小月へ。
有名店ですが、すんなり入ることができました。
店の入口で担仔麺を作ってますよー。

e0303726_13312995.jpg

2Fのテーブル席に案内されました。
なかなかオシャレな内装です。

まずはビールで「お疲れちゃーん」と乾杯。


e0303726_20113707.jpg

こちらが名物の擔仔麺です。
スープが深い味わいでベリグ!

e0303726_20114912.jpg

先ほど食べ損ねた魯肉飯(祖傳肉燥飯)があったので注文しました。

e0303726_20122252.jpg

ごはんの上に乗っている肉そぼろは擔仔麺と同じものかな?想像してたほど濃い味付けではありませんでした。
スープとの相性を考えて肉そぼろを薄味にしているのかもしれません。

水蓮菜という野菜のXO醤炒め。


e0303726_20122783.jpg

沙茶牛肉。
茹でたチンゲン菜に牛肉とタマネギを炒めたものが乗っています。

e0303726_20115654.jpg

相方とビールを1本ずつ飲んで$952でした。

永康街の様子。


e0303726_15393941.jpg

デザートが食べたかったのですが、店を探すのが面倒だったのでホテルに戻ることに037.gif

e0303726_15394355.jpg

駅を出てスグです。← しつこい。


e0303726_20125009.jpg

2Fのラウンジへ。

コーヒーと少しだけパンをいただきました。


e0303726_20133405.jpg

部屋に戻ってゆうべ買っていたビールを飲む酒飲みamii^^;


e0303726_20130091.jpg

テレビでタラレバやってました。


e0303726_20135159.jpg

「東京妄想女子」とは、なかなか的を得たタイトル(^^)


by iamamii | 2017-02-23 19:53 | 台北 2017年1月 | Comments(6)

階段を上がるとお寺があります。

e0303726_16543289.jpg

お寺のすぐ横にインフォメーションセンターがあるので、トイレはここで済ませておくと良いでしょう。

画像は更に階段を上がってお寺を見下ろしてるところです。

e0303726_21423932.jpg

階段を上がり切ると觀海亭という展望所があります。

e0303726_16543890.jpg

展望所から少し進んだこちらが九份老街の入口です。
左手はセブンイレブン。

e0303726_16544982.jpg

通り(基山街というようです)は道幅が3mくらいでしょうか、両側に土産物屋や食堂が連なっているのですが、人で溢れ返っており、前へ進むのもままならない状態です。
e0303726_16550014.jpg

あまり興味をそそるようなものが売ってなかった(個人の感想です)し、人でごった返している通りの横で何かを食べるような気にもならず、人をかき分けるようにして先へと進みます。
緩やかな坂道を暫く進むと、通りは豎崎路という石段の道とクロスします。
上へと進む人の流れがあったので、階段を上って行ったのですが、その先は行き止まりでした^^;
階段を下りて、基山街を横切って下へ進むと、有名な阿妹茶樓が見えてきました。


e0303726_16553563.jpg

斜面にへばりつくように建っています。レトロな雰囲気が素敵!
皆さん記念撮影していらっしゃいました。
ここで食事をしようと店の入口へ進んだのですが、まだ1時半過ぎだったにもかかわらずランチタイムは終了したとのこと。残念!

他にもいくつか見当を付けていた店があったのですが、相方の提案ですぐ横の店に入ることにしました。
案内されたのはテラス席。
こちらは非情城市という映画の撮影に使われたレストランのようです。

e0303726_16554178.jpg

元々は小上海茶飯館という店だそうですが映画の撮影を機に非情城市という店名に変更したみたいです。

お茶(注文したものです)をいただきながら、お料理を待ちます。

e0303726_16554963.jpg

海鮮焼きそばが運ばれてきました。
焼きそばですが、ご覧のように汁たっぷり。
いただきまーす。
ニンニクが効いてて美味しい!

e0303726_16555398.jpg

続いて小籠包もやってまいりました。
刻み生姜の入ったタレにつけていただきます。
これもオイシーーー!


e0303726_16555889.jpg

飛び込みで入った店ですが、当たりでした(^^)

店を正面から見上げたところ。

e0303726_23342862.jpg

引き続き豎崎路という石段を下ります。


e0303726_23325688.jpg

屋根の上にニャンコ。

e0303726_23330939.jpg

階段を下り切ったところにどでかいニャンコ。

e0303726_16561739.jpg

ラテン系のグループに、この上に猫がたくさんいたか聞かれたのですが「1匹だった」と答えると「たったの1匹?」って言われました。
猫がたくさんいることで有名なのかな?

ちなみに猫グッズショップの隣は九份警察署です。

e0303726_23331651.jpg

坂道を歩いてランチを食べただけですが、満足したので帰ることに。
瑞芳駅までは行きのタクシーで嫌な思いをしたので、帰りはバスに乗りました。
混んでて座れなかったのでフロントガラスのすぐそばに立っていたのですが、自分が大型バスを運転しているような感覚がして、なかなか面白かったです。

e0303726_16562494.jpg

最も早く出発する台北行きは區間車でした。
往きの快速はセミクロスシートでしたが、こちらはロングシート。
台北に近づくにつれて混雑してきました。


e0303726_08481789.jpg

台北の1駅手前の松山で下りてMRTを乗り継いでホテルのある善導寺へ。
でも、終点台北でまで乗ってMRTの板南線で戻った方が早かったです^^;


by iamamii | 2017-02-19 20:05 | 台北 2017年1月 | Comments(2)

台北車站でMRTを降りて、このあとどこへ行くか新光三越でお茶を飲みながら考えることに。

e0303726_16490132.jpg

案内板を見るとB2に春水堂があることがわかったので行ってみました。

e0303726_16500442.jpg

注文はこのシートに記入します。


e0303726_16501372.jpg

タピオカミルクティーは昨日別の店のを飲んだので、ホット紅茶ラテ(たぶん)。
珍しくガイドブックを見る相方。


e0303726_16525129.jpg

大きなマグカップにたっぷり入ってます。
味は普通でした。
相方が注文したホット鉄観音ミルクティーのほうが美味しかった^^;

さて、私は北埔か淡水に行こうと思って下調べをしていたのですが、ガイドブックを見た相方の意見を聞いて、全く予定していなかった九份に行くことにしました^^;
台鉄(台湾国鉄)で九份の最寄駅 瑞芳へ向かいます。


e0303726_16540324.jpg

自強號という特急列車が最も所要時間が短いようですが、あまり頻繁には走ってなさそうです。
一番早く出発する區間快という列車に乗ります。
下の画像によれば、目指す瑞芳までは特急の自強號で39分、急行の莒光號で47分、各駅停車の區間車だと51分。
これから乗る區間快は快速ということだと思いますが、停車駅はオレンジ色のラインの莒光號と同じでした。


e0303726_16525802.jpg

暖暖という駅名が面白かったので撮ってみました。


e0303726_16530553.jpg

車窓の景色。


e0303726_16540926.jpg

何故か42分で瑞芳に到着。
駅前の風景です。
想像してたほど田舎じゃなかった。


e0303726_16541779.jpg

ここから九份まではバスで15分程のようですが、待ち時間が勿体なかったのでタクシーで行くことに。
しかし、乗ったタクシーが60歳代くらいのドライバーだったのですが、運転が荒く、めちゃめちゃ飛ばすわ、前の車を煽るわで、とても不快な思いをしました。
2年前は親切な運転士さんばかりで台北のタクシーに良い印象を持っていたのですが、今回一気に印象が悪くなりました。

ここで下車、というか降ろされました。


e0303726_16542535.jpg

しかも「ここを上がれ」とばかりに鼻であしらうような素振り。
最悪!



by iamamii | 2017-02-17 17:35 | 台北 2017年1月 | Comments(0)

2日目の午前中は中正紀念堂へ。
ホテルの前でまたまたタクシーを拾います。
MRTでも駅からすぐだと思いますが、乗り換えが必要。
タクシーだと一本道です。
ということで5分もかからないうちに到着しました。


e0303726_15445814.jpg

門をくぐって中へ。
こちらが中正紀念堂。
蒋介石の功績を称えて建てられたそうです。

e0303726_15450770.jpg

あら、折角来たのに工事中(>_<)

e0303726_15451715.jpg

インフォメーションで衛兵の交替式が行われる場所を聞いて(日本語対応でした)、エレベーターで4Fへ。

e0303726_16082258.jpg

エレベーターを降りるとすぐに蒋介石が鎮座する大きなホールへと出ます。

間もなく交替式が始まるので、観客がベルトパーテーションの前に並び始めました。

e0303726_16083148.jpg

ほどなく交替の衛兵が出て来ました。
それまでざわついていた観客がシーンと静まります。
ゆっくりと、それでいてキビキビとしたコマ送りのような動作。
兵隊さんがブーツで大理石の床を蹴る音がホールに響き渡ります。

e0303726_16083740.jpg

ピーンと張りつめた空気の中を一糸乱れぬ隊形でゆっくりと進んで行きます。
鳥肌が立ってきました!

e0303726_16084628.jpg

蒋介石の前まで来ると、それまで左右の台の上にいた衛兵が動き出します。

e0303726_16090238.jpg

このあと、交替する4人が銃をクルクル回したり、投げ渡したりするパフォーマンスがあるのですが、我々はこんなにも銃の扱いに長けている(訓練されている)と表現することで、警護能力の高さを示しているのかもしれませんね。

e0303726_16085840.jpg

交替の儀式が終わると、今まで警備に当たっていた2人の衛兵が、再び隊列を組んでゆっくりと帰って行きます。
そして衛兵が見えなくなると観客が再びざわざわと動き始めました。

こちら新たに任務に就いた衛兵さん。

e0303726_15470703.jpg

微動だにしません。
というか、瞬きすらしません!
次に交替するまで1時間この状態が続きます。
人間、訓練すればここまでになれるんですね。

e0303726_19001600.jpg

優秀な軍人しかここの衛兵になることはできないんだと思いますが、なりたいのかなりたくないのか、どっちなんでしょう。
あ、余計な心配でした^^;

ホールの外へ。

e0303726_19075339.jpg

広ーい!

e0303726_15474034.jpg

紀念堂を撮影しておりましたら、大陸から来られた団体さんに「シャッター押して!」って頼まれました。
「はい、イーアールサン」
って、やっぱ声掛け易いんだろうかワタシ^^;

e0303726_16092310.jpg

1Fのミュージアムショップで衛兵のキャラクター人形を買って中正記念堂をあとにします。

振り返ってパチリ。


e0303726_16093715.jpg

広場を抜けて、ここからMRTに乗ります。

e0303726_15484099.jpg

ジツは、このあとどこへ行くかまだ迷ってます^^;



by iamamii | 2017-02-09 15:49 | 台北 2017年1月 | Comments(0)

翌朝。
天気悪いけど、雨は降ってません。

ところで、今回泊まった部屋の最大の特徴は・・・
e0303726_12150397.jpg

居ながらにして阜杭豆漿の混雑度合いがわかることです(笑)

e0303726_10255141.jpg

私も相方も基本、長時間並んでまで食べたいと思わない人なので、今回は行く予定は無かったのですが、相方に「あまり並んでないよ」と伝えたところ、「じゃあ行こう」ってことになりました。
急いで身支度して出かけます。

e0303726_10255674.jpg

先程よりは少し列が伸びているものの、それでも2年前に来た時と比べたら2/3くらいの長さです(^^)

e0303726_10260118.jpg

20分くらいでここまで来ました。(この先、階段です)

e0303726_10260597.jpg

店内入口には春節の営業に関するお知らせが貼ってありました。
ちなみにカッコ内の漢数字は曜日です。(一)は月曜で(六)は土曜。

e0303726_10261080.jpg

左手には厨房があって、ガラス越しに中で作業している様子を見ることができます。
窯で厚餅夾蛋(たぶん)を焼いていました。


e0303726_10261899.jpg

こちらのカウンターで注文して代金を支払い、品物を受け取ります。
私の前にいた台湾人のおねーさんが、「飲み物はここで先に注文するのよ」って世話を焼いてくれたのですが、私は鹹豆漿と厚餅夾蛋だったので、あとでまとめて注文したところ、店の方にムッとされてしまいました。
もしかして鹹豆漿は飲み物のカテゴリーだったのかもです。


e0303726_10261440.jpg

カウンター席でいただきます!

鹹豆漿と


e0303726_10262372.jpg

厚餅夾蛋。


e0303726_12501873.jpg

前回と違うものを食べる予定でしたが、やっぱり玉子が食べたいなーと急遽変更したので、結局同じメニューに^^;

今回の待ち時間は40分あまりでした。
列は短かったのですが、前回と比較して待ち時間は10分ほどしか違わなかったことになります。

でも、店を出るとこの長さになっていました。


e0303726_13084152.jpg

ホテルに戻って2Fのラウンジへ。
宿泊料が朝食込みだったので、コーヒーだけいただくことに。

折角なので、料理も見てみましょう!


e0303726_10265029.jpg

手前のソーセージとパプリカを和えたような料理は日本では見かけません。


e0303726_10264579.jpg

温かい料理も色々あります。


e0303726_10265681.jpg

韓国からの旅行客も多いのかな。


e0303726_10270193.jpg

(ベジタリアン)と書かれたメニューもあります。

e0303726_10270669.jpg

点心。

e0303726_10271137.jpg

フルーツ。

e0303726_10271779.jpg

焼売が美味しそうだったので取ってみました。

e0303726_10272982.jpg

相方。

e0303726_10272278.jpg

あなた、これは食べ過ぎです(笑)




by iamamii | 2017-02-09 12:45 | 台北 2017年1月 | Comments(4)

夜市のあとはマッサージに行くことに。
またまたタクシーを拾います。

お、この建物はガイドブックに載ってたぞ。

e0303726_16024174.jpg

台北車站の近くまでやってまいりました。

e0303726_16034641.jpg

目指すマッサージ店はすぐ近くなんだけど、ここでしばらく迷って交差点を行ったり来たり^^;
画像を拡大したら店の看板が写ってるんですが、この時はわかりませんでした。

数分後、ようやく発見^^;
インターネットで事前に調べていた精氣神養生會館です。
2Fなんだ。
ちょっと雰囲気怪しいかも(笑)


e0303726_16100121.jpg

店内は定員10名くらいでしょうか。
私達が行った時は空いてましたが、その後立て続けに5人くらい来店しました。(いずれも日本人でした。台湾の方ってマッサージするんだろうか)

私は足裏が苦手なので45分の全身マッサージにしました。
相方は同じく45分の足湯+足裏をチョイス。

専用のウェアに着替えてから施術台へ。

e0303726_16325779.jpg

私を担当してくれたのは体格の良い30歳代後半くらいの女性でした。
かなり強めのマッサージで、実は痛いのを少々我慢しておりました^^;
でも、術後は身長が伸びたのではと思うくらい背筋がピンとなって全身がポカポカに。
まあ、このくらい強く揉まないと効果が現れないんでしょう。

さて、台北ステーションまで歩いて

e0303726_16381728.jpg

帰りはMRTで。

e0303726_16342449.jpg

ホテルが善導寺の駅からどれくらい近いかと言いますと、6番出口から地上に出ると、この距離です(^^)
ちなみに、ホテルの1Fにはスターバックスコーヒーがあります。


e0303726_16354550.jpg

チェックインの際、午後10時まで2Fのラウンジでコーヒーや軽食を無料で提供していると案内があったので、立ち寄ってみました。


e0303726_16434662.jpg

受付のおねーさんが部屋番号を確認した後、席に案内してくださいました。
全く違和感の無い日本語を話すので、思わず日本人?って聞いたのですが、台湾人ですとの返事が。
恐れ入りましたm(__)m


e0303726_16440054.jpg

コーヒーサーバー。


e0303726_16440447.jpg

パンとフルーツ。

e0303726_16534528.jpg

セブンイレブンでビールを買ったのに、我慢できずにわざわざ有料の高いビールを注文して、相方からヒンシュクを買ったワタシ^^;


e0303726_16530842.jpg

更に部屋に戻ってセブンイレブンで買った夜食(洋蔥蛋炸豬排)を食べて呆れられるワタシ^^;


e0303726_16532279.jpg

これで1日目が終了です。




by iamamii | 2017-02-05 16:38 | 台北 2017年1月 | Comments(0)

部屋でしばらく休憩したあと、南機場夜市に出かけます。
MRTに乗っても駅からかなり距離があるので、ホテルの前の通りでタクシーを拾いました。
運転手さんに「南機場夜市」と書いたメモを見せたのですが、聞いたことがなかったようで、目的地をナビに入力して出発。

e0303726_12141480.jpg


途中まで渋滞してたので25分くらいかかって到着しました。
たぶん直線距離だと4kmくらいだと思います。(MRTの龍山寺駅からだと約1km)

通りに入った瞬間、アジア!って感じのエネルギッシュな雰囲気に大興奮!
来て良かった(^^)
ここは、NHKBSの 2度目の台湾「おこづかい3万円で充実旅」で紹介されていた夜市です。
※ちなみに放送は見逃しました ←見てないんかい!


e0303726_13435097.jpg


すぐにお目当ての水餃子屋さんがありました。
ほぼ地元の方しかいない感じだったので、一瞬戸惑ったのですが、意を決して入ってみました。
メニューは豬肉大白菜水餃と韮菜水餃と酸辣湯の3種類です。

e0303726_12553914.jpg

店は大変賑わってるので、「注文お願いしまーす」って言わないと、なかなか来てくれませんよ~(笑)

白菜のほうが先に運ばれてまいりました。

e0303726_12143361.jpg

アップ。
冷めないうちに、いっただきまーす!

e0303726_13183051.jpg

熱々ジューシーでウマ~~~イ!!!
これは間違いなく過去最高の水餃子です。

こちらは韮。
韮も美味しかったけど、やっぱり白菜かなー。

e0303726_13141265.jpg

餃子は10個60元なので、2皿で120元。
来来水餃というお店でした。

隣りも水餃子屋さんですよー。水餃子通り?
この先2本の通りがクロスします。

e0303726_12145194.jpg

十字路を左に曲がると夜市の名前を書いたゲートがあります。
ここがメインの入口かな。

e0303726_12145762.jpg

有名な夜市は、歩くのも大変なほど人が多いと聞きますが、こちらはローカルな夜市なので適度な賑わいです。

e0303726_14234913.jpg

それでも人気店には行列ができています。こちらは麻油雞の屋台。

e0303726_13332120.jpg

しばらく歩いてて、いけたびさんのブログで見ていたイカのとろみスープの屋台を発見。

e0303726_14232109.jpg


いけたびさんが行かれてたのはちゃんとした店舗だったので、ここは違う店だと思ったのですが、美味しそうだったので食べてみることにしました。

e0303726_12152852.jpg

「1つください」と注文して奥のイートインスペースへ。

e0303726_14263480.jpg

ほどなくやってまいりました。

e0303726_14060408.jpg

予想に反して甘いスープでしたが、魚介のダシが効いててオイシー!
イカと棒状の魚のすり身がたくさん入って50元です。
この時はわからなかったのですが、あとで調べたところ、何と、いけたびさんがブログで紹介されているのと同じ店でした!
よく見ると電飾の看板に「原龍山商場」と書いてあるので、たぶんこちらの夜市に屋台で出店しているんだと思います。

他にも色々食べたかったのですが、結構お腹が一杯になったし、夜になって冷え込んできたので、後ろ髪を引かれる思いで夜市をあとにしたのでした。


by iamamii | 2017-02-05 11:50 | 台北 2017年1月 | Comments(2)

イミグレに向かいます。
電光掲示板には気温13℃、雨マークの表示が。

e0303726_19083358.jpg

長ーい通路。

e0303726_19050161.jpg

入国審査場には長い列ができており、ゲート通過に30分近くかかりました。

飛行機が空いていたから荷物も少なかったはずなのですが、私のスーツケースはなかなか出てきませんでした。
ちょっと待ち疲れた相方の提案でお茶することに。
どうせなら春水堂でタピオカミルクティーが飲みたいと思ってレストランエリアに行ったのですが、無さそうだったので、フードコートにあったお土産でお馴染みの新東陽でタピオカミルクティー。

e0303726_19051355.jpg

アイス(左)とホットを注文したのですが、ホットのほうが好みでした。
春水堂はたぶん大手航空会社が発着する第2ターミナルにあるのでしょう。

さて、バスで台北市内へ向かう予定だったのですが、バス乗り場へ行ったところ長蛇の列。※この右手にもずっと続いてました。

e0303726_19051959.jpg

時間がかかりそうだったのでタクシーで行くことにしました。
タクシー乗場で「台北までNT$1,000で」と交渉したのですが。「メーター、アバウトNT$1,200」と言われ、素直に従うことに。
この方、かなりの飛ばし屋さんで、ホテルのある善導寺まで30分あまりで到着。NT$1,050くらいだったと記憶しています。

e0303726_19052667.jpg

私が値段交渉したからメーターが上がらないよう急いでくれたのかも^^;

さて、今回宿泊するのはこちらコッツィ ヂォンシャオ タイペイ(和逸・台北忠孝館)です。

e0303726_22475898.jpg

チェックインは男性スタッフが流暢な日本語で対応してくれました。

部屋は3FのCozziダブルルーム。
ベージュと白が基調の柔らかいトーンの客室です。
29㎡(たぶん)と寛げる広さ。

e0303726_22552524.jpg

ベッドの反対側のテレビにはゲスト(私)の名前が表示されていました。

e0303726_22553136.jpg

ベッドはクイーンサイズ。


e0303726_22554709.jpg

クローゼットの中にフリース素材のような肉厚のバスローブ。

e0303726_22555105.jpg

使い捨てスリッパ。

e0303726_22560225.jpg

ミニバー。

e0303726_23052719.jpg

冷蔵庫のソフトドリンクは無料です。(但し、補充はありません)
※タイガーエアの水を入れてますが、ホテル提供の無料のミネラルウォーターもありました。

e0303726_22560690.jpg

セーフティボックス。

e0303726_22561514.jpg

バスルームの入口の引き戸。
テレビはNHKの相撲を見てます(笑)

e0303726_22570931.jpg

洗面。
鏡にシャワーブースと便器が映り込んでいます。

e0303726_22562934.jpg

アメニティ。

e0303726_22570491.jpg

バスタブはダブルルームにしか付いてないと思います。※ツインルームはシャワーのみ。

e0303726_22572703.jpg

ということで、快適な部屋でしたが、ウォシュレットの水圧が弱いのとペーパーホルダーの位置が悪くて使いづらかったのはマイナスポイントでした。

e0303726_00095575.jpg

by iamamii | 2017-02-02 19:13 | 台北 2017年1月 | Comments(2)