カテゴリ:バンコク 2017年6月( 20 )

エコノミークラスでも、やっぱり大手キャリアのシートは座り心地が良かったです~

e0303726_00341002.jpg

ちなみに私達の席は窓側でしたが窓の無い席でした。まあ夜間のフライトなのでいずれにしろ景色は見えません。※到着前に撮った画像です。


e0303726_00353878.jpg

月曜日の朝に日本に到着する便ですが、帰りも満席。
皆さん、到着後はそのままお仕事に向かうのかな?


ワインを飲んで寝ることにしましょう。


e0303726_00343529.jpg

2時間半くらい寝たら朝ごはん。まだタイ時間だと夜中ですよー(笑)


e0303726_00345165.jpg

そして、ほぼ定刻の6時30分過ぎ関西国際空港に到着。


e0303726_21192202.jpg

WiFiのルーターを返却してリムジンバスで伊丹空港へ向かいます。


e0303726_00362163.jpg

松山まではこれまた久しぶりのANAで。


e0303726_00350290.jpg

ビーフコンソメスープ。


e0303726_21390064.jpg

そう言えばいけたびさんはシドニー滞在中。


e0303726_00365491.jpg

松山沖の中島かな?
地元の石崎汽船のCMで「世界に誇る瀬戸内海」というナレーションが流れるのですが、確かにこの美しい景色は自慢していいかもしれません。


e0303726_00375001.jpg

ギアダウン。


e0303726_00375308.jpg

ということで無事松山に到着。



e0303726_00350963.jpg

自宅に帰る前にいつもの蕎麦屋へ。


e0303726_00375784.jpg

朝ごはんが早かったので、二人ともガッツリ^^;


e0303726_00453888.jpg

後日、バンコクで朝食をご一緒したYご夫妻と松山でお酒を飲んだのですが、今回の旅は「国際ストーカー事件」だと言われました(笑)
でも「相当嬉しかったです」と仰っていただいたので念のため(^^)



[PR]
by iamamii | 2017-07-26 00:43 | バンコク 2017年6月 | Comments(0)

午後7時過ぎにチェックアウト。
「チェックアウトプリーズ」と告げたのですが、手続きをしてくださってたフロント係の男性は日本人だと途中で気付きました(笑)
滞在中、日本人のホテルスタッフを見かけたのはこの時が初めて。
あとで確認したところ、最後の1泊は600バーツほど値引きしてくれてました。
日本円で2,000円位ではありますが、気持ちは嬉しいですね。

フロント横にも国王を悼む祭壇が。


e0303726_21370168.jpg

ところで、事前にコンシェルジェに空港までの車の手配について聞いてみたのですが、リムジンは日本円で1万円を超える金額でした。
行きのぼったくりリムジンでさえ1,700バーツだったことを考えると法外な値段です。
タクシーなら400バーツくらいだというのでタクシーにすることに。
ちなみにタクシーはベルデスクに言えとのこと。さすがにそんな失礼な言い方ではありませんでしたが、「リムジンならここで手配するけどね」みたいな応対でした(>_<)

エントランスで待つこと数分。タクシーがやって来ました。
ドライバーが「メーター入れる?」みたいな感じで渋々メーターを入れてました。
空港までの道中、「社長、社長」って話しかけてくるので「社長じゃないよ」って言ったものの全く意に介さず(>_<)
30分程でスワンナプーム国際空港に到着。


e0303726_22335935.jpg

メーターは300バーツ足らずでしたが、500バーツ札を出したら100バーツしかお釣りをよこさない。
高速道路の通行料が幾らか(たぶん50バーツ)加算されるんだろうけど、残りの50バーツはチップということでしょうか。
バンコクのタクシーは要注意ですよー!


e0303726_21361214.jpg

チェックインはスムーズでした。
いつも乗っているLCCの場合は、恐らく出発の2時間前くらいにならないとチェックインの受付が始まらないので、チェックインカウンターに並んで待つ必要があるのですが、さすがに大手キャリアは違いますね。

ということで、スーツケースを預けて晩ごはん。

バンコク最後の食事はタイ料理にしました。
まずはビールですけどね(笑)


e0303726_21371021.jpg

相方はエビの入ったカレー。


e0303726_21371451.jpg

私は性懲りもなくトムヤムヌードル。
パクチーが控えめなのは良かったけど、マザッロのトムヤムヌードルのような味の深みは無かったです。


e0303726_21371720.jpg

出国して免税店へ。
お土産を買おうとジムトンプソンに入りましたが、結構なお値段だったので、結局お菓子に変更^^;


e0303726_21361808.jpg

買い物を終えたあたりで雷とともに、ターミナルの屋根にたたきつけるような豪雨が・・・
天候が回復するまで飛行機の発着を見合わすとのアナウンスがなされていましたが、雨季だったにもかかわらず、滞在中雨に降られることが無かったのはラッキーでした。


搭乗口はかれこれ遠かったです^^;

e0303726_21372397.jpg

帰りも787。
レジはJA823Jでした。


e0303726_21362360.jpg

猛烈な雨も収まって定刻に飛ぶみたいです(^^)



[PR]
by iamamii | 2017-07-24 21:54 | バンコク 2017年6月 | Comments(2)

ワット・プラケオからサイアム・パラゴン(ショッピングモール)へ向かいます。
ター・チャーンからエクスプレス・ボートに乗船。


e0303726_19244724.jpg

川ではありますが、時折波しぶきがかかったりするので要注意!
泥水ですよ~(笑)


e0303726_21060454.jpg

途中から座ることができました。


e0303726_19245290.jpg

ミレニアムヒルトン。


e0303726_19245630.jpg

ペニンシュラを通り越して・・・


e0303726_19250183.jpg

サートーンで降りて、隣接するBTS(スカイトレイン)のサパーン・タークシン駅へ。


e0303726_19253088.jpg

チケットは自動券売機で買えますが、勝手がわからないので窓口で購入しました。


e0303726_19253556.jpg



e0303726_19254815.jpg

車内はかなり混み合っていました。
10分あまりでサイアム(サヤーム)に到着。


e0303726_19255546.jpg

サイアム・パラゴンは駅のすぐそばなのですが、入口がわからず暫しウロウロ^^;
入口には金属探知機がありました。
今回バンコクで怖い思いをしたことはありませんでしたが、外務省の海外安全情報では「レベル1:十分注意してください」となっております。
ちなみに、テロが続発しているロンドンやパリには海外安全情報は出ておりません。


日曜日ということもあったと思いますが、あまりの人の多さと騒がしさにどっと疲れが出て、いきなりジャンバジュースで休憩。


e0303726_21350847.jpg

沸き沸きのフードコート。


e0303726_19264804.jpg

昼食はGF(グランドフロア)の「なんつッ亭」というラーメン屋さんにしました。
日本のラーメン店なので「いらっしゃいませ~」と声がかかりますよー。
しばらく順番を待って着席。


e0303726_19265788.jpg

黒マー油のラーメン+味付玉子をいただきました。


e0303726_19273147.jpg

普通に美味しかったです。


さて、ショッピングモールの中はHERMESやFENDIなどのラグジュアリーブランドがズラリ。
遠くてわかりませんが、正面はTWGです。


e0303726_22002073.jpg

車も売ってますよ~


e0303726_19280359.jpg

お、NaRaYa!


e0303726_19280966.jpg


いけたびさんがもう何年も前に紹介されてますが、今でもイケてるのかなーと気になりつつも、安くて可愛らしいのでお土産に何点か購入。



本当はタイ雑貨を扱っているこちらの店が目当てだったのですが、あまりの広さに疲れてしまい、ほぼスルー。


e0303726_19281721.jpg

ということで、ホテルに戻ります。※画像はサイアム・パラゴンの外観です。



e0303726_19283111.jpg

船着き場サートーンの様子。


e0303726_19283752.jpg

迎えのボートがやってまいりました。


e0303726_19284179.jpg

3分ほどでホテル桟橋に到着。


e0303726_19285635.jpg

ガーデン階のホテルショップにシャーベットがあったのでマンゴーとレモンを買って部屋でいただきました。


e0303726_19290888.jpg

蒸し暑かったので、さっぱりしたレモンが超美味しかったです!



[PR]
by iamamii | 2017-07-15 19:29 | バンコク 2017年6月 | Comments(4)

ゲートをくぐった中庭の様子。


e0303726_15102539.jpg

上の景色を左に見ながら直進すると入場料を払う窓口があります。
500バーツなので2,000円近くしますが、これは外国人の料金のようです。


突き当りが入場ゲートですが、タイ人と外国人でゲートが分かれています。


e0303726_15103052.jpg

境内へ入るとこの景色が目に飛び込んできます。
おーっ、凄いスケール!
19年前に来てるはずなのですが、この場に来ても全く記憶が蘇りません^^;
昔行ったのは「エメラルド寺院」というお寺だと記憶していたので、19年前に行ったのは、ここによく似た別の寺院だったかもと思ったのですが、帰国してから当時の写真を引っ張り出してみると、まさにここでした
どんだけ記憶力が弱いんでしょう^^; ※ワット・プラケオはエメラルド寺院とも呼ばれているようです。




e0303726_15103446.jpg

右手のこちらが本堂だと思います。


e0303726_15105874.jpg

振り返ると像が。
魔除けの鬼だそうです。


e0303726_15104971.jpg

左手の塔へと階段を上がります。


e0303726_15110749.jpg

上から魔除けの鬼を見下ろした様子。


e0303726_15111861.jpg

金色の塔の右手にあるプラ・モンドップという建物。

e0303726_15112944.jpg

煌びやかな装飾。


e0303726_15113427.jpg

裏側にアンコール・ワットの模型がありました。


e0303726_16224565.jpg

境内の反対側へ。
皆さんこのポーズで記念撮影。
さすがに50代半ばのオジサンはやりませんでした(笑)



e0303726_15115899.jpg

入場したのと反対側の門です。


e0303726_16442522.jpg

こちらが本堂の入口。


e0303726_15125038.jpg

靴を脱いで中へ。


e0303726_15124507.jpg

堂内は撮影禁止ですが、床の大理石の模様が綺麗だったので、失礼して・・・


e0303726_15125653.jpg

欧米人が結構多かったです。
もっとも一番多いのは中国の方ですが。


e0303726_16533008.jpg

続いて王宮へ。


e0303726_15130322.jpg

黒と紫色のリボンが掛けられていますが、タイは昨年国王が亡くなったため現在喪中です。
ワット・アルンにも喪服を着た団体の参拝者が大勢いらっしゃってました。

こちらが宮殿。
但し、国王は住んでいらっしゃらなかったようです。


e0303726_15130862.jpg

職員の方も腕に喪章を付けていらっしゃいます。
この先は立ち入ることができません。
この日はかなり蒸し暑く、40分ほどで駆け足で見学しました。


e0303726_15131489.jpg

ゲートを出たところで、何はともあれ水分補給。
タイらしいドリンクだと絵になるのですが、普通のチョコレートミルクシェイク。
でもこれ、シャーベット状のシャリシャリの食感がとても美味しかったです!


e0303726_19243062.jpg

画像が無いのですが、相方はオレンジフルーティーブラストというタイビバレッジでした。

息を吹き返したので次へ向かいます。



[PR]
by iamamii | 2017-07-12 16:22 | バンコク 2017年6月 | Comments(0)

バンコク最終日にして初めての観光に出かけます。

e0303726_12494685.jpg


ホテルボートで対岸のチャオプラヤー・エクスプレス・ボートの船着き場(オーリエンテン)まで送ってもらいましょう。
ホテルボートは基本、ザ・ペニンシュラピアとサートーン(BTSサパーン・タークシン駅)の2路線の往復なのですが、時折オーリエンテンまで行っているのをバルコニーから見ていたのでリクエストしました。
貸切で出航!
写真撮ってたら、船長がカメラ目線で微笑んでくれました(笑)


e0303726_12495205.jpg

右に立ってる中国系の船員さん(いかにも船乗りーって感じのオジサンでした)が日本語で挨拶してくれましたよー(^^)


e0303726_12503272.jpg

エクスプレス・ボートはすぐに来ました。
後部から乗船。
満席です。というか、乗船率150%くらいでした^^;


e0303726_13022456.jpg

リバーシティーというショッピングセンター。


e0303726_12504382.jpg

水上家屋。


e0303726_13024167.jpg

運賃は係りの女性がこちらのお金の入った銀色の筒をジャラジャラ鳴らしながら集金に来ます。


e0303726_13025216.jpg

このあたりのローカルな感じがタイっぽくていいです!
ちなみに乗船料は15バーツ(50円くらい)。
地元の方も利用するので格安です。


船着き場には記号番号が付けられていて、こちらは途中のN6。
乗船したオーリエンテンはN1、降りる場所はN9のター・チャーンです。

船の最後部に乗っているおにーさんが笛を巧みに吹いて船長に接岸の際の距離やタイミングを伝えるのですが、タッチ・アンド・ゴーみたいな感じに最短の接岸時間で乗降させるあたりも見どころですよ~。(そんなことが楽しいのは私だけかもしれませんが)


e0303726_13030216.jpg

途中のN8が19年前に来たことのあるワット・アルン(暁の寺)でした。
ただし、工事中(>_<)



e0303726_13030815.jpg

右手前方に王宮が見えてきました。


e0303726_13032274.jpg

間もなくN9。


e0303726_13032628.jpg


20分ほどで到着しました。
ここで大勢の人が下船。


e0303726_13032976.jpg

少々怪しげな商店が並ぶ船着き場の建物を抜けたところの様子。
こちらもカットしたフルーツなどを売る人からしきりに声がかかりますが、スルー。



e0303726_13040819.jpg


この先の交差点を渡ってすぐにセキュリティチェック(金属探知機)があって、真っ直ぐ広い通りを100mほど進むとワット・プラケオの入口です。




e0303726_13041387.jpg

[PR]
by iamamii | 2017-07-12 13:40 | バンコク 2017年6月 | Comments(0)

3日目の朝です。
今日は曇っています。


e0303726_13430039.jpg

朝食は昨日と同じリバーカフェ&テラスでいただきます。
この先の通路を挟んで右手が屋内席、左手がテラス席です。



e0303726_13430503.jpg

陽射しがさほど強くないのでテラスにしました。


e0303726_13462484.jpg

温かいお料理は外ですよー。


e0303726_13462931.jpg

これは何でしょう。キッシュ?


e0303726_13431117.jpg

フライドポテト。


e0303726_13431627.jpg

ソーセージ。


e0303726_13432050.jpg

奥の島には中華系の料理が。


e0303726_13464327.jpg

e0303726_13464780.jpg

炒飯。


e0303726_13465248.jpg
お粥の具色々。


e0303726_13470108.jpg

こんなメニューになりました。


e0303726_13472311.jpg

相方のチョイス。


e0303726_13481560.jpg

おかわりの2皿目は冷たい方のメニューにしましょう。


e0303726_14125238.jpg


e0303726_13484584.jpg

フルーツソースの入ったヨーグルトも6種類くらいありました。


e0303726_13484920.jpg

茶色く濁ってはいますが、チャオプラヤー川を眺めながらいただく極上の朝食でした。


e0303726_14192094.jpg

[PR]
by iamamii | 2017-07-08 14:20 | バンコク 2017年6月 | Comments(0)

夕食を食べに行きます。

夜の「ザ・ロビー」
この時間は管弦楽の生演奏でした。


e0303726_10123127.jpg

ガーデン階にある広東料理のレストラン湄江(メイジャン)へ。※昼間撮ったものです。
予約はしてなかったのですが、すぐに席へ案内してくれました。


e0303726_10134946.jpg

ビールを注文したらローストされたカシューナッツが出てきました。


e0303726_10140872.jpg

2品注文して様子を見ます。
こちらは注文したものではありません。
日本の「お通し」みたいなものでしょうか。



e0303726_10143062.jpg

1品目は蟹ツメのフライ。
こちらのシグネチャーディッシュだったと思います。


e0303726_10143592.jpg

2種類のソースで。


e0303726_10144089.jpg

味がしっかりしてるんだけど、とても上品でオイシ~!


2品目は蒸しきのこの天津キャベツ包み。
こちらも薄味で上品な味わいでした!


e0303726_10144378.jpg

メニューに載って無かったのですが、紹興酒を注文。


e0303726_10144760.jpg

砂糖も一緒にサーブされました。


e0303726_10563284.jpg

しばらくお酒を楽しんでから、ご飯ものを追加注文。
画像は取り分けた後のものですが、この器に4~5杯分くらいの量があってお腹がパンパンに。


e0303726_10151948.jpg

シェフがわざわざ挨拶に来てくださいましたよ~、何故?(笑)
ベリグ!とお伝えしておきましたが(^^)


デザートも注文したものではありません。


e0303726_10152594.jpg

ホテルではあまり見かけなかった日本人の女性お二人。
宿泊客ではなさそうな感じでした。
暗くてわかりませんが、窓の外は中庭で、その先はチャオプラヤー川です。


e0303726_10184417.jpg

ということで、メインデイッシュ的な料理はいただいておりませんが、とても美味しい中国料理でした。



[PR]
by iamamii | 2017-07-08 10:18 | バンコク 2017年6月 | Comments(0)

部屋に戻ってシャワーを浴びてバスタブにも浸かりました。

e0303726_21371628.jpg

今日はもう出かけるのはやめて部屋でのんびりすることに。
ということで、チャオプラヤー川ボートコレクション!

こちらは向かいのマンダリンオリエンタルのホテルボートです。
ホテルとサパーン・タークシン駅、ホテルと対岸(ペニンシュラ側)を結ぶ2路線を運航している模様。
ペニンシュラと同様にタイの建物風の屋根が特徴です。


e0303726_09161485.jpg

細長いボートはチャーターで運航しているような感じでした。
かなりスピードが出ます。


e0303726_21374163.jpg

時折タグボートに曳かれて巨大な船が通ります。


e0303726_21375262.jpg

夕方になるとやって来るリバークルーズ船。


e0303726_21382204.jpg


オレンジの旗はチャオプラヤー・エクスプレス・ボートという乗合の水上バスです。


e0303726_21383231.jpg

ヒルトンのボート。
ペニンシュラの少し上流にある「ミレニアム・ヒルトン」かな。


e0303726_21384364.jpg


お馴染みの「S」のマークはヒルトンの向かいにある「ロイヤル・オーキッド・シェラトン」だと思います。


e0303726_21390141.jpg

絶えず視界に船が走っている状態なので、乗り物好きのamiiにはたまらん~~
高層のホテルですが、アサインされたのが低層階だったのも川が近くに感じられて良かった!

ということで、プールで4時間のんびりして部屋で4時間のんびり(笑)

陽が傾いてきました。

e0303726_21391079.jpg

そして暮れてしまいました。
夕食に行かなくては^^;


e0303726_21391480.jpg




[PR]
by iamamii | 2017-07-07 22:14 | バンコク 2017年6月 | Comments(0)

今日は天気がいいからプールでのんびりしよ!ってことになりました。
画像はガーデン階にあるスパです。


e0303726_16150538.jpg

こちらは象のグッズを販売するショップ。


e0303726_16150938.jpg

プールにやってまいりました。
こちらが奥側。



e0303726_16173492.jpg

振り返るとこんな感じで、プールがチャオプラヤー川に続いているように見えます。


e0303726_16152395.jpg

二人とも日焼けはあまりしたくないので、こちらへ。
こうしたタイ風の屋根付きの東屋が一番奥に合計6カ所あって、先着順で利用できます。
まだ朝の10時なので一番乗りでした。


e0303726_16191752.jpg

席に着くと、プールの係りの方が、氷の入った水(手前の青いグラスです)を持ってきてくれます。


e0303726_16174851.jpg

それでは日焼け止めを塗って、早速泳ぎましょー!
昨日とほぼ同じ時間ですが、昨日ほど水が冷たくありません。

画像はプールの最も奥側から撮ったもの。
幅は狭いですが、ご覧のとおり長さは結構あるので泳ぎ応えがありました。
日焼けするのが嫌でもう何年も泳いでなかった相方も久々の水着デビューしてました(笑)


e0303726_16190823.jpg

10時30分。早くも本日1本目のビール。
おつまみが欧米人は絶対に食べそうにないワザビ味の豆菓子でした。
これは日本人向けのサービスでしょうか^^;


e0303726_16525888.jpg

11時。
お天気が一段と良くなってきました。
陽射しは強いのですが、川沿いだからでしょうか、とても風があって爽やか!
本当に雨季とは思えません。


e0303726_17033531.jpg

定期的にプールスタッフが氷水を注ぎ足しに来てくれるのですが、時折こうしたジュースなどもサービスされます。


e0303726_16193986.jpg

街中ですが、聞こえてくるのは鳥の鳴き声と時折ゲストが泳ぐ水の音くらい。
本当に気持ちいいー!


e0303726_16180334.jpg


12時50分。
食事に合わせて本日2本目のビール。
チャンビアが気に入っております。


e0303726_17164770.jpg

ほどなく食事も運ばれてきました。
サテと魚のすり身フライと春巻きの盛り合わせ。
魚のすり身フライは辛子が練りこまれていて、食べた後から辛さが追いかけてきます。
甘かったり辛かったり酸っぱかったりと、タイ料理の要素が詰まったプレートでした(^^)



e0303726_16180789.jpg

午後2時。まだプールに居ます。
今度はフルーツのサービス。
昔、バリで泊まったインターコンチを思い出しました。


e0303726_17430830.jpg

ということで、ようやく部屋に戻ることに。

デッカイ椰子の木。

e0303726_17452801.jpg

橋を渡ってガーデンへ。
案外 絵になってるかもよ(笑)

e0303726_16182173.jpg

ホテルのマスコットでーす。


e0303726_16183273.jpg

[PR]
by iamamii | 2017-07-05 16:59 | バンコク 2017年6月 | Comments(2)

ではバンコクで(^^) 

2日目の朝を迎えました。
今日も晴れてます(^^)


e0303726_12401182.jpg

Yご夫妻とは8時にロビーで待ち合わせていたのですが、BTSをサパーン・タークシン駅で降りてホテルボートで来るということなので、桟橋まで迎えに行きましょう。
ホテルからガーデンに出たこの先が「リバーカフェ&テラス」というチャオプラヤー川に面したインターナショナル料理のレストラン。
桟橋は突き当りの右手です。


e0303726_12402083.jpg

念のため10分前に行ったのですが、丁度近づいてきたボートに乗って来られてました。
ということで、松山の友人をバンコクまで追いかけるというサプライズをしちゃいました(^^) ※私達の方が半日早く着いたので、「待ち伏せる」と言ったほうが正確かも^^;

テーブルはエアコンの効いた室内とオープンエアーのテラスが選べます。
陽射しが強かったので、「インサイドプリーズ!」


e0303726_12403756.jpg

早速、お料理を取りに行きましょう!

パンのコーナー。
デニッシュ、マフィンなど。


e0303726_12405727.jpg

ジャムやマーマレードを付けて食べるほうのパン。
いったい何種類あるの!って思うくらい色々ありました。

e0303726_12410333.jpg

サラダ。

e0303726_12415050.jpg

ハムやチーズなど。


e0303726_12421776.jpg

こちらの男性スタッフは卵料理をされてるのかと思ったら、マンゴーをカットする係りの方でした。
ということで、冷たい状態で供される料理やフルーツは室内に。


e0303726_12422692.jpg

暖かい料理は屋外に並んでいました。
なので卵料理は外です!


e0303726_12425861.jpg

こんなチョイスになりました。
料理の種類はとても多いのですが、そう食べられるものではありません。


e0303726_12430513.jpg

e0303726_12431320.jpg

おしゃべりしながら1時間程かけて朝食。
極秘に計画したサプライズでしたが、Yさんの奥様は、先日松山で別れ際に私が「ではバンコクで」と言った時の目が輝いていたのを見て、「絶対バンコクに来る」と思っていたそうです^^;


e0303726_12434343.jpg

このあとアユタヤに行くというお二人とはここでお別れ。


e0303726_12435530.jpg

姿が見えなくなるまで、ずっと手を振ってくれました!


e0303726_12441460.jpg

お二人が喜んでくれているのを見て、とても嬉しかったです(^^)





[PR]
by iamamii | 2017-07-05 13:30 | バンコク 2017年6月 | Comments(0)