年末温泉旅行③

夕食の時間は午後6時と6時半からのチョイス。
さすがに6時は早すぎるので6時半でお願いしました。
なので、1時間ほど部屋でのんびり。
館内着は作務衣でーす。
e0303726_1116252.jpg

6時半に1階の食事処へ。
個室ではありませんが、プライベート感のあるつくりでした。
e0303726_11175561.jpg

直前割というお得なプランだったので、通常より品数が少ない料理です。
e0303726_11224921.jpg

生ビールで乾杯していただきましょう!
e0303726_11242930.jpg

こちらは子持ち鮎の塩焼き。熱々で美味でした。
e0303726_11261787.jpg

カツオ塩たたきは追加注文したものですが、これは冷凍もので冷え冷えでした(笑)
e0303726_11322421.jpg

まあ、注文があるかどうかわからない食材をわざわざ仕入れるわけにはいきませんよね。
でも、たぶん獲れたてを冷凍してるので、味は美味しかったですよ。

茶碗蒸しは上にとろみのある餡がかかってて、これも美味でした。
e0303726_1134016.jpg

高知の地酒もいただきました。酔鯨竹寿だったかな。
e0303726_11343431.jpg

鍋の中身は黒潮鷄でした。
e0303726_11362991.jpg

白ごはんのあとはデザート。
うーん、これ何だったっけ?とiphoneのメモを見たら「自家製杏仁豆腐」と書いてありました^^;
e0303726_11372645.jpg

お料理はどれも味付けが程良くて、美味しくいただきました。

で、フロントでつまみを買って部屋でビールを飲むオサーン^^;
e0303726_11494242.jpg

相方は羽生君のスケートを見てたっけ。

酔いが醒めたところで大浴場へ。
先客が一人いらっしゃいましたが、すぐに出て行かれて貸切状態に。
e0303726_11551686.jpg

夜の露天風呂もいい雰囲気でございました(^^)
e0303726_11562960.jpg


そうそう、脱衣場のヘルスメーターに乗ってみたら、体内年齢が・・・
きゃー!
e0303726_12193137.jpg


はい、翌朝です。
大浴場は朝と夜とで男女が入れ替わります。
e0303726_12261769.jpg

またまた貸切です。
というか、この日の宿泊客は私達を含めて3組くらいでした。
e0303726_12284440.jpg

湯気がモウモウ。
e0303726_12293321.jpg

こちらの露天は岩風呂です。
e0303726_12313829.jpg

昨日こちらの露天風呂に入った家内が景色が良かったと申しておりましたが、まだ6時スギなので真っ暗です。
つか、月が煌々と輝いてるし^^;
e0303726_1233387.jpg


さて、最後は朝食です。
朝食は、7時半と8時からのチョイス。
e0303726_12363747.jpg

朝食の内容は、直前割でも通常のメニューと同じだと思われます。
味噌汁は四万十川の「青のり」が入ってました。
e0303726_12402815.jpg


この日は遅出で出勤だったので、8時過ぎにチェックアウト。
安住庵、なかなかいい宿でしたが、気になったことが2つありました。
1点目は、部屋にUBがあるにもかかわらず、客室にはバスタオルが置いてありません。大浴場には豊富に置いてあるので、大浴場から持って来てればいいのですが、???って感じでした。
2点目は、掛布団の下に家庭で使ってるような花柄のアクリル毛布が敷いてあったこと。直接肌に触れるものなので、嫌な人は結構いらっしゃるのではないかと思います。
でも、私と同年代くらいの宿のご主人は笑顔がとっても素敵な方でしたし、全9室なのでお風呂が混み合うことも無さそうだし、また泊まりに来たいと思いました。
今回、直前割というお得なプランだったのですが、次回は、通常プランの夕食を食べてみたいです。

ということで、1泊1.5日の温泉旅行を楽しんでまいりました(^^)
[PR]
by iamamii | 2016-02-02 08:02 | 高知 2015年 | Comments(0)

本日予約している宿は「なごみ宿 安住庵」といいまして、四万十市(旧中村市)の中村城跡の山の中腹に建つ一軒宿です。
10年ほど前に旅番組で紹介されたのを見て、ずっと泊まってみたいと思っていたのですが、宿へと上る道がえらく細いので「ここって大丈夫なのかなぁ?」と、ちょっとだけ心配になりました^^;
e0303726_56937.jpg

途中、椿がキレイだったので、車を停めてパチリ。
e0303726_59087.jpg

到着です。上り始めてから500~600mほどの距離でした。
e0303726_5131052.jpg

e0303726_639389.jpg

ロビーから玄関方向の様子。
e0303726_650614.jpg

直前割というプランで「おまかせ部屋」だったので、一番狭い部屋なのかなと思っていたのですが、8畳+ツイン和洋室の部屋にしてくださってました043.gif

ということで、3階の客室「樹光」をご紹介します。
入って左手が和室、右手が和洋室です。
e0303726_612692.jpg

まずは和室。逆光で暗い写真になってます。
e0303726_63209.jpg

窓からの眺めはこんな感じ。四万十川がちょっとだけ見えます。
e0303726_620029.jpg

テレビや備品。
e0303726_6602.jpg

ポーチの中身。
e0303726_6504929.jpg

私の撮り方がマズくてイマイチな感じに見えますが、とても快適な部屋でした。
エアコンがあるのですが、ファンヒーターや遠赤外線ヒーター?も置いてます。
e0303726_695149.jpg

水回りは玄関スペースにあります。
e0303726_6133166.jpg

e0303726_6141466.jpg

大浴場に行ったので、こちらのお風呂は使いませんでした。
e0303726_6155327.jpg

そしてベッドルーム。畳の上にベッドがあります。
e0303726_6165986.jpg


それでは、早速、楽しみにしていたお風呂へまいりましょう!
ロビーを通り抜けると・・・
e0303726_6524924.jpg

すぐです。
e0303726_6483529.jpg

時間が早かったので、一番乗りでした070.gif
e0303726_701424.jpg

e0303726_703821.jpg

まずは大浴場。
e0303726_2534774.jpg

湯気で曇ってます。
e0303726_2541299.jpg

左手のガラス戸を開けると露天風呂でーす!
e0303726_2554267.jpg

硫黄の匂いはさほど強くないのですが、お湯はヌメリがあって、やっぱり温泉いいなー!って実感。お湯の温度も丁度良かったです。
e0303726_2583038.jpg
景色は四万十川ビュー。目の前に電線があったりして眺めはイマイチですが、明るいうちに露天風呂に入りたかったので、観光を早めに切り上げて正解でした。
e0303726_82557.jpg

湯上りに屋上の展望台へ。
山の上ではありますが、ご覧のとおり街中です。
こちらの安住庵、2003年に旧「ホテル中村」を改装してオープンしたみたいですが、こちらの屋上展望台は、昔のままのようでした。
e0303726_10183044.jpg

四万十川と中村のシンボルと言ってもいい赤橋。
e0303726_10141393.jpg

左手には中村城の二の丸跡に建つ模擬天守(四万十市立郷土資料館)が見えます。※ウィキペディアによる。
e0303726_10261534.jpg

次は夕食です。
[PR]
by iamamii | 2016-01-26 03:00 | 高知 2015年 | Comments(0)

年末温泉旅行①

このところ「年末は温泉でのんびり」が恒例になってる感があるのですが、今年は年末に連休が取れない(>_<)
でも、「どうしても温泉に行きたーい」ということで、1泊1.5日で無理矢理行ってまいりました。

松山から国道33号で高知へ向かいます。
まずは、途中の久万高原町に最近出来た道の駅「天空の郷さんさん」でトイレ休憩。
e0303726_18185759.jpg

門松が飾ってありました。

このあたりは標高が500mほどあって、夏は涼しく冬は雪が積もる高原の気候なので、野菜やお茶、果物など農産物の産地としても、よく知られています。
e0303726_18322677.jpg

新鮮な葉物野菜がズラリと並んでいました。
e0303726_18331336.jpg

ということで、お米や野菜、はちみつなど予定外のショッピングで時間を使ってしまった^^;

先へ急ぎましょう。
と思ったのですが、高知県の越知町で国道沿いに「浅尾沈下橋3km」という看板を発見。
せっかくなので行ってみましょう。
走ること数分。見えてきました。
おっ、なかなかイイ感じ!
e0303726_18452929.jpg

とうちゃーく。
橋の手前に車を停めて歩いて渡ってみましょう。
ご覧のとおり沈下橋は欄干の無い橋です。
e0303726_1846338.jpg

雨で増水した時に、橋が水面下に沈んでしまうので沈下橋と言うわけなのですが、木が流れてきて欄干にぶつかって橋が壊れたりしないように、わざと欄干を作ってないのです。
なので、最近高い所が苦手なamiiは、端っこのほうは歩くことができません^^;

橋の真ん中から見た上流の景色。
e0303726_1942746.jpg

下流方向。通ってきた道路が見えます。
e0303726_199143.jpg

対岸方向から。
e0303726_1961165.jpg

元の場所に戻った時、河原の枯草の中で何かがガザゴソ。
一瞬、サル?と思ったのですが、次の瞬間、姿を現したのは何と茶色い毛の野ウサギ!
橋の上にいた私の足元から、河原に立っていた相方の数メートル横を通って勢いよく飛び跳ねて走り去ったのでした。
ウサギさん、3、4秒立ち止まっていただけに、画像が無いのがくやしーッ(>_<)
野ウサギを見たのは生まれて初めてでした。
でも、さすがは自然溢れる仁淀川だと感心した次第。

河原に下りて橋を撮ってみました。
e0303726_19212975.jpg

橋の反対側からも。
e0303726_1923331.jpg

有名な「仁淀ブルー」ってこんな色のことなのかな。
沈下橋、行って良かった。

さて、予定より少し遅くなってしまったけれど、お昼ごはんです。
須崎市の「まゆみの店」は須崎名物の鍋焼きラーメンの有名店。
数年前に一度訪れたことがあります。
e0303726_19261979.jpg

タイミングが良かったみたいで、ちょうど空席がありました。
壁には芸能人の写真や色紙が飾ってあります。
e0303726_1949127.jpg

待つこと15分。土鍋がやってまいりました。
e0303726_19294327.jpg

蓋を取ると、こんなビジュアル。
e0303726_1951251.jpg

まずはスープを一口。
おいし〜!
鶏ガラベースの醤油ラーメンなのですが、スープが絶品。
そして、麺は細麺で、茹で具合は固めです。※注文の際に「麺は固めですがよろしいでしょうか」と聞かれるので、柔らかいのがお好きな方は調節してくれるんだと思います。
美味しいので一気に食べてしまいますが、アツアツなので気を付けて食べないと舌をヤケドします。
ちなみに、地元の皆さんは塩鍋焼きやキムチ鍋焼きを注文されてました。

さて、食後は中土佐町のカフェでスイーツを食べようと考えていたのですが、買い物や沈下橋で時間がタイトになってしまったので、スイーツを諦めて、本日の宿がある四万十市へと向かいます。


再び道の駅に立ち寄り。
店先で窪川ポークバベーキューを販売してて、煙と美味しそうな匂いに引き寄せられました。
e0303726_956649.jpg

このボリュームで1串300円です!
e0303726_9571372.jpg

早速アツアツにかぶりつきます。
e0303726_101653.jpg

ウマー!
肉がとっても柔らかくてジューシー。甘めのソースとよく合って、これは今年食べた旅先グルメでは間違いなく№1です!

e0303726_108928.jpg

こちら四万十町(旧窪川町)は、道の駅の「あぐり窪川」という名前からもわかるように農業や畜産業が盛んな町で、窪川牛はブランド牛として有名です。
今回いただいた窪川ポークもブランド豚だったんですね。
いやぁ、これは驚きました。

店内で販売している名物の豚まんも1個200円とお買い得です。
e0303726_1071993.jpg

こちらも美味しいんだけど、ポークバーベキューがあまりにも衝撃的だったので、これから行かれる方は、先に豚まんを食べることをお奨めいたします。
e0303726_10841100.jpg

ちなみに、ポークバーベキューの販売は土日だけだと思われます。

黒潮町の海岸沿いを走ってて、景色がきれいだったので車を停めました。
e0303726_10141719.jpg

本当は近くにある砂浜美術館というビーチを散策したかったんだけど、時間がなかったので諦めました。
でも、美味しいもの食べて、きれいな景色を見て、なかなか充実した旅になったぞ。
次は、楽しみにしてた温泉。

[PR]
by iamamii | 2015-12-29 17:45 | 高知 2015年 | Comments(2)