人気ブログランキング |

高知旅(中津渓谷)

往路は高速道路(所要1h30m)を利用して高知入りしたのですが、復路は一般道(2h30m)で帰ることにしました。
※松山⇔高知の高速道路は川之江JCTを経由するので少し遠回りなのですが、一般道(R33)は四国山脈を越える直線的なイメージです。

日高村の産直市や調整池に立ち寄りながらのんびりドライブ。
e0303726_13475955.jpg
e0303726_10133707.jpg
途中、前から行こうと思っていた中津渓谷があることを思い出したので立ち寄ってみることに。
国道から山へ入って2~3分走ると「ゆの森」というホテルがあります。
まずはこちらのレストランでランチ。
e0303726_10282047.jpg
満席で少し待ち時間があったので、ロビーや土産物のコーナーで時間をつぶしていたのですが、こんな無料の冊子が置いてありました。
吉田類さんが高知の方なのは良く知られていると思いますが、こちら仁淀川町のご出身だったのは知らなかったなあ。
e0303726_13355543.jpg
10分程待ったら席が空きました。
相方はあめごの煮付けがメインの田舎定食。
e0303726_10284970.jpg
私は好物の鉄板焼きハンバーグステーキ。※ハンバーグの上に目玉焼きが乗っかっています。
これ、なかなかのクオリティでした(^^)
e0303726_10285645.jpg
会計はホテルのフロントで。
支払いの際に11月末まで使える入浴割引券(650円→500円)をいただきました。
但し、松山からは90分ほどかかるので、来月また来るかどうかはビミョーです^^;


画像はホテル横の橋から見た渓谷の様子です。
e0303726_10543407.jpg
橋のたもとのここがスタート地点です。
目指す雨竜の滝までは約20分とのこと。
それでは散策へGO!
e0303726_10550489.jpg
遊歩道の近くに七福神の像がありますが、ご紹介は1つに止めます(笑)
e0303726_10553589.jpg
振り返って撮ってるので、奥が下流になります。
e0303726_11175338.jpg
途中にあった滝。
e0303726_10560534.jpg
岩と岩の間をくぐり抜けたり、なかなか楽しいコースなのですが・・・
e0303726_10563538.jpg
コースが起伏を増して足元が滑りやすくなってきたので、相方は大事を取ってこのあたりで断念。
e0303726_10570430.jpg
「一人で行って写真を撮っておいで」というお言葉に甘え、先を目指します ← 一応家内の方が年下なんですけどね(笑)

手摺のない橋は怖ーい^^;
e0303726_11182494.jpg
ゴーっという水の流れ落ちる音が大きくなってきました。

e0303726_10573486.jpg
橋の手前の階段へ近づくと・・・
おおーーー!
e0303726_11165350.jpg
落差20mという滝が視界に飛び込んできました。
この光景はちょっと感動!

e0303726_11172336.jpg
滝のすぐそばへやってきました。
お、虹(笑)
e0303726_11185482.jpg
ゆうべの雨で水量が増してると思われ、水しぶきが霧のように降ってきて大迫力でした。
相方にも見せたかったなー。

スタート地点に戻って車に乗り、少し進んだ場所にある石柱というスポットに行ってみることに。
ゆらゆら揺れる吊橋。
e0303726_12423295.jpg
しばらく歩いて石柱に到着。

e0303726_12424340.jpg
川にかかる橋が老朽化のため通行禁止になっており、真横から見ることができなかったのは残念でした。
でも、中津渓谷とても良かったです。
ちなみに、先程の雨竜の滝の写真に写ってるのは殆どが外国人観光客(中国の方々)でした。


最後は久万高原町の道の駅で食べたソフトクリーム。
e0303726_12580345.jpg
以上、高知旅行でした。
by iamamii | 2016-11-23 11:39 | 高知 2016年 | Comments(2)

コンフォートホテルの宿泊料には無料の朝食が含まれています。
まずはパン。
この時間は4種類でしたが、メニューボードにはワッフルも含め6種類表示されていました!
e0303726_19490550.jpg
卵料理は茹で卵のみですが、スープは味噌汁とトマトチリビーンズの2種類。
e0303726_19492022.jpg
ジャーマンポテトとソーセージ。
e0303726_19493292.jpg
e0303726_19493633.jpg
サラダ。
e0303726_19494173.jpg
フルーツとヨーグルトとグラノーラとシリアル。
e0303726_19494674.jpg
おにぎりも4種類あってなかなかの充実ぶり。
e0303726_19500026.jpg
ゆうべ遅くまで食べて飲んだせいで胃腸がへばっていたので、コーヒーだけいただきました。
つか、食べてないんかい!



by iamamii | 2016-11-20 20:03 | 高知 2016年 | Comments(0)

高知旅(ひろめ市場)

9月の中頃に友人Yさんご夫妻から「10月○日にひろめ市場に行く予定だけど、もし良かったら一緒に行きませんか」とのお誘いを受けました。
行けるかどうか直前までわからなかったのでお約束はしてなかったのですが、調整がついたので当日になってから「今から行きまーす!」とメッセージを送ったところ、「お待ちしてまーす!」との返信。
ひと足先に到着したYさんにお願いして、いつもの長江苑の前の席を確保していただいてました。
ということで、午後4時に合流して乾杯と相成りました037.gif
e0303726_16110993.jpg
それでは、恒例により全品ご覧いただきましょう(笑)
まずは長江苑からキューリの味付。
e0303726_16133023.jpg
続いてもきゅうりですが、こちらはYさんが長江苑の隣の「土佐凧」で注文したもの。
「食べ比べてみてくださいねー」と勧められたので、一口いただきました。
e0303726_16195932.jpg
ビジュアルはほぼ同じですが、やはりお店によって味付けが違いますよー

ちなみにYさんご夫妻は土佐凧がお気に入りだそうです。
e0303726_16252643.jpg
店が隣り合ってるので、それは丁度よかった(^^)

続いてはいつもの長江苑の焼餃子。
羽根はパリパリ、中はジューシー!
e0303726_16230048.jpg
チャンバラ貝も高知名物。
こちらは土佐凧から。
e0303726_16271019.jpg
ひろめ市場のメインエリアは中央のテーブル席を取り囲むように店が並んでて、基本どこへ座って何を食べても大丈夫なのですが、長江苑や土佐凧のようにお店の真ん前にあるテーブルに座った場合は、その店で1、2品注文するのがマナーかなと思います。

藁焼き鰹たたきは、遅れて到着した私達のためにYさんの奥さんが明神丸で並んで買ってくれました040.gif
e0303726_16392802.jpg
明日も休みなので、にんにくをたっぷり乗せていただきまーす!

こちらはイタドリ。
初めて食べましたが、とっても美味でした。
e0303726_16412503.jpg
どんどんいきますよー。
青さのりの天ぷら。
e0303726_16471197.jpg
Yさんがおそらく珍味堂で調達したと思われるおつまみ3品。
e0303726_16482677.jpg
上からイカスミのスルメとイカのマユネーズがけとアカニシ貝のくるみ和えかな。
私達はいつも同じようなものを注文するので、今回Yさんご夫妻とご一緒させていただいたことで、新たな美味しいものにたくさん出会うことができました(^^)

さて、Yさんと市場内をウロウロして美味しそうなディスプレイのニポン酒をハケーン!
e0303726_17060814.jpg
しかーし、この量で300円は、いくらなんでも取り過ぎ(>_<)
※アップで撮ってますが、高さが4cmほどしかないプラのカップです。
e0303726_17091493.jpg

気を取り直して美丈夫。
高知の地酒です。
e0303726_17105562.jpg
青さの味噌汁は土佐凧のテッパンメニューです。
e0303726_17202739.jpg
こちらはYさんが注文した地鶏の入った料理だったと思います。
Yさん、事前に「食べるものリスト」を作成して持って来るほどの気合いの入れようでした(笑)
e0303726_17232863.jpg
まだ食べます。
珍味堂のうに豆腐。
e0303726_17311846.jpg
同じくだし巻き玉子。
e0303726_17323109.jpg
最後はアラ汁だったかな?
私は食べてないかも^^;
e0303726_17331667.jpg
今回も同席した方々とおしゃべりして和気藹々と盛り上がりました。
山口からバイクで四国八十八箇所参りに来たという20歳代の青年、若いのに礼儀正しくていい子だったなー(^^)

さて、4時間程楽しく飲んで食べたあと、一行は腹ごなしにカラオケへ。
怪しい雰囲気ですがカラオケ屋さんです(笑)
e0303726_18143539.jpg
更に2時間後、高知の夜の〆は、やはりここでしょう!
グリーンロードの屋台「松ちゃん」です。
e0303726_17520164.jpg
屋台は数店舗あるのですが、前回たまたま入ったのがYさんが以前からイチオシの松ちゃんでした。

ここのギョウザは初めて食べましたが絶品です!
e0303726_17570183.jpg
そして、ラーメンです。私は醤油か塩かと聞かれれば断然醤油派なのですが、今回は、前回来店時に皆さんがこぞって注文していた「しお」にしてみました。

e0303726_18013170.jpg
はい、皆さん、是非「しお」を食べてください。
お酒を飲んだあとにピッタリで、これは超ウマです!

ということで、雨も降りだしたのでここでお開き。
Yさんご夫妻、ありがとうございました。
またやりましょう!






by iamamii | 2016-11-10 17:11 | 高知 2016年 | Comments(2)

高知市のシティホテルを泊まり尽くすシリーズの第8弾です(笑)
ホテル名でおわかりかと思いますが、JR高知駅から300m程の場所です。
e0303726_12310909.jpg
お!
e0303726_12325948.jpg
折角なので(^^)
e0303726_12410839.jpg
部屋は14㎡のダブルエコノミーというカテゴリーです。
寝るだけなので宿泊代重視で決めました。
e0303726_12535928.jpg
ベッド幅は140cm。
e0303726_12562595.jpg
クローゼットはありません。
e0303726_13221212.jpg
部屋はまずまず広くて快適なのですが、バスルームはかなり狭くて全体を写すことができませんでした(>_<)
バスルームのスペースを削って部屋の広さを確保してる感じです。
e0303726_13240570.jpg
シャンプーとコンディショナーは花王の壁付けタイプ。
e0303726_13255061.jpg
バスタブは変型で体を洗うのも窮屈。
e0303726_13282334.jpg
便座は壁に取り付けてあるのですが、座面の位置が高く落ち着きませんでした。
e0303726_13315604.jpg
後でわかったのですが、こちらのホテル、建て替えが決まってるようで、12月末から休業するそうです。
ということで、これから高知へ行かれる方の参考にはなりません。
私の備忘録でーす^^;


by iamamii | 2016-11-02 13:35 | 高知 2016年 | Comments(0)

にこ淵

少し前になりますが、高知県いの町の「にこ淵」に行ってみました。
まずは腹ごしらえ。
愛媛県西条市の「マルトモ水産」は2年くらい前からSNSなどで安くてボリュームがあると話題になっている鮮魚市場に併設された食事処です。
平日でしたが、やはり人気店とあって順番待ちでした。
待ち時間を利用して鮮魚市場を見て回ります。
民間の魚屋さんがやっている市場なので、さほど広くはありません。
e0303726_17412859.jpg

貝の種類が豊富でした。
e0303726_18323153.jpg

30分以上待ってようやく着席。
客数と比較してホール係の人数が明らかに少ないのですが、料理の出るスピードも遅いので、厨房もさほどの人数ではなさそうでした。
こちらは奥さんの海鮮丼。
e0303726_18122740.jpg

私は海老フライ定食。
e0303726_18224586.jpg

特大サイズのエビですが、何ていう種類のエビなんでしょう?

大好きな海老フライでしたが、オペレーションの悪さで待たされて不機嫌になっていたので、さほどの感動はありませんでした。

30分後、道の駅木の香でソフトクリームを食べて機嫌を直しましょう(笑)
e0303726_18395229.jpg


さて、更に30分ほど走って「にこ淵」に到着。
こちらもSNSで最近話題になっている仁淀川水系の滝壺です。
e0303726_18453412.jpg

事前に調べたところ、滝壺まで急な斜面を降りなければならないとのことですが、どうなんでしょう。
下り始めはかなり整備されている印象。
e0303726_18485916.jpg

ですが、かなりの勾配です。(画像は下から上方向を撮ってます)
e0303726_199055.jpg

木々の隙間から滝壺が見えてきました。
e0303726_1994532.jpg

鎖とロープを頼りに斜面を下って、この梯子を下りると滝壺に到着です。
降り口からの所要時間は4分ほど。
e0303726_19265891.jpg

大学生かな?3人の男子が泳いでました。
e0303726_19204569.jpg

結構暑い日でしたが、さすがにここの水は冷たいんじゃないかい037.gif

晴れて真上から陽が射してると、仁淀ブルーという澄み切った青になるそうですが、この日は薄曇りで、写真で見る仁淀ブルーとは違います(>_<)
e0303726_191516100.jpg

途中、1箇所だけ70cm位の段差があって、ここは鎖かロープを頼りに腕の力で体を持ち上げなければならないので、奥さんは上がれないかもしれないということで下りるのを断念。
e0303726_1912030.jpg

ということで、奥さんは滝を見ることができず残念なドライブでしたが、駐車スペース脇の山の斜面からは冷たい清水が滴っていて、ひと時暑さを忘れて楽しんでいました。
e0303726_1946264.jpg

by iamamii | 2016-08-16 18:14 | 高知 2016年 | Comments(2)