人気ブログランキング |

紅葉2016(三滝渓谷)

地元紙の愛媛新聞が毎年11月に1日だけ「もみじ新聞」と題して県内の紅葉の名所の様子をカラーで特集する日があるのですが、そこで紹介されていた西予市の三滝渓谷を訪ねました。
大洲インターで高速を下り、国道197号線を走って松山から約90分。西予市城川町の道の駅に到着。
e0303726_04454168.jpg
まずはランチです。
以前、スープカレーを食べてとても美味しかったのですが、今日は地元で有名な城川自然牧場が造ったソーセージの入ったカレーライスにしてみました。
e0303726_04454644.jpg
「甘口と辛口があります」とのことでしたが、辛いのが好きなので、辛口にしました。
なかなか辛かったけど、美味しかったです。

相方は人気メニューという豚ベーコン丼。
e0303726_04455087.jpg
甘辛いタレを絡めた豚ロースとベーコンが乗っかってます。一口食べましたが、こちらも美味でした!

さて、道の駅から車で10分程で渓谷の駐車場に到着しました。
三滝渓谷は愛媛県民の私でも聞いたことが無かったのですが、広い駐車場ときれいなトイレがあります。
e0303726_04461838.jpg
まずは道の駅で買ったチーズケーキをいただきます。
e0303726_04465085.jpg
案内看板を見たところ、さほど距離はなさそうです。
e0303726_04470792.jpg
それでは行ってみましょう。
e0303726_04471228.jpg
スタート地点は落ち葉が積もっています。
e0303726_04471764.jpg
すぐに橋を渡ります。
紅葉はほぼ終わってる感じ^^;
e0303726_04474652.jpg
5分程で最初のスポット「うぶ湯の滝」です。
落差がほとんど無いので、これって滝ですか?みたいな感じ。

e0303726_04475899.jpg
続いてすぐにジロウ淵。
e0303726_04481215.jpg
見所にはこうした案内板があります。
e0303726_04481793.jpg
この辺りから遊歩道は鉄製の階段へとかわります。

e0303726_04482257.jpg
さっきのがジロウということは、
こちらは・・・
e0303726_04482876.jpg
はい、正解です(笑)
e0303726_17163827.jpg
更に階段を上へ。
e0303726_04483396.jpg
滝壺を見下ろします。
おー、なかなかいい景色!
e0303726_04484122.jpg
2つ上の写真にチラっと写ってますが、茶堂という東屋の辺りにはまだ紅葉が残っていました。
ここまで徒歩10分あまり。
この先に二見滝という滝があるようですが、車で行けるみたいなので、ここで引き返します。
e0303726_04485405.jpg
アップでもう1枚。
e0303726_17294398.jpg
駐車場まで戻ってまいりました。
画像は駐車場横のモミジです。
e0303726_17331040.jpg
車に乗って二見滝へ。
滝は道路(橋)のすぐ横にあるので、いっぱい引いて撮ってギリギリ両方の滝が写りました。
e0303726_17355618.jpg
向かって左の滝は結構落差があります。
e0303726_17362603.jpg
右の滝。
e0303726_17370335.jpg
そして二見滝の横に架かる橋の紅葉です。

e0303726_17423966.jpg

この先、大いちょうがあるというので車を走らせたのですが、残念ながらかなり落葉していました。
e0303726_19455819.jpg
更に先に三滝城跡があるようでしたが、道も険しくなってきたので、ここで引き返すことに。
でも、大変失礼ながらこんな辺鄙な山奥にお城があったというのは意外でした。

帰りに相方の提案で温泉に入って帰ることに。
三滝渓谷から車で15分程の場所に宝泉坊温泉があります。
画像は宿泊施設の宝泉坊ロッジの様子。
e0303726_20015016.jpg
たまたま家族風呂が空いていたので利用することにしました。※60分2,000円と良心的なお値段でした。
りんご黒酢を買って、外にある別棟へ。
e0303726_21591226.jpg
脱衣場。
e0303726_22003673.jpg
4~5人でもゆっくり入ることのできる広い岩風呂。
17.3℃の冷泉を沸かしているようですが、硫黄の匂いがしていいお湯です!

e0303726_22022030.jpg
但し、なかなか開放的なつくりになっておりまして、意図的に建物に近づけば中が丸見えな感じでした^^;

でも、さすがは温泉、このあと家に帰るまで約1時間半、ずっと体がポカポカ(^^)
以上、紅葉ドライブでした。




by iamamii | 2016-12-02 05:09 | 愛媛 2016年 | Comments(0)

滑川渓谷

今年の夏はとにかく暑かった(>_<)
松山は7月18日に梅雨明けしてから8月28日まで全く雨が降りませんでした。(局地的には少し降ったようですが、私の自宅周辺では降っていません)
その間、昼間は晴れて連日の30℃超え。
こう暑いと、少しでも涼しさを感じることができる場所へ行きたーい!

ということで、相方と休みが重なる8月下旬に、自宅から近い滑川渓谷に行ってみようと決めておりました。
水の流れる音を聞きながら木漏れ日の中を歩くって気持ち良さそうじゃないですか!
ところが、それまで毎日カンカン照りだったのに、この日はあいにくの曇り空^^;
ま、雨の心配は無さそうなので、良しとしましょう。

自宅から国道を走ること約40分、東温市と西条市を結ぶ峠道、通称桜三里を途中から右へ折れ、細い山道(一応県道です)を約20分ほど走って到着しました。
駐車場は無料です(←根に持ってる)
e0303726_18310692.jpg
季節営業だとは思いますが、売店がありました。(確認したわけではありませんが、飲み物だけみたいな感じ)


事前に調べたところ、片道約20分の遊歩道とのこと。
お天気イマイチということはありましたが、やはり標高があるということと、木々に囲まれているため気温はかなり低めです。
e0303726_18413897.jpg
出発して1分ほどで、橋が見えてきました。


e0303726_18404301.jpg
上の写真ではわかり難いですが、橋の下には川が流れています。
e0303726_18511686.jpg
川に沿って先へ。
雨がほとんど降ってないので、普段よりは水量が少ないと思いますが、元々左の道が通れなくなるほどは流れていないものと思われます。
e0303726_18551217.jpg
岩が浸食されて下がえぐれています。
e0303726_19045407.jpg
前方に梯子。
e0303726_19073194.jpg
この渓谷の唯一の難所と言えるかもしれません。
e0303726_19083803.jpg
梯子の左手に水が滴り落ちてました。

e0303726_19093527.jpg
岩にできたくぼみ。
e0303726_19202817.jpg
段々になって流れ落ちて行きます。
川というよりは岩盤の上を水が滑って行くと言った感じ。
だから滑川って言うんでしょうね。
e0303726_19215690.jpg
e0303726_19261549.jpg
熊ノ爪ってこれかな???
e0303726_20090443.jpg
そして、この先のコーナーを左に曲がると・・・
e0303726_20132300.jpg
おおーっ!
e0303726_20235722.jpg
三方を岩の壁に囲まれた龍の腹という場所です。
e0303726_20492065.jpg
正面の滝は奥の滝。
サーッと静かに流れ落ちてました。
e0303726_20281206.jpg
木々が生い茂って昼なお暗く、怖ささえ覚えるような雰囲気でした。
e0303726_20355612.jpg
遊歩道はここで行き止まりなので引き返します。

苔むした手摺(手前)とモミジ。
e0303726_20380355.jpg
紅葉の時期もいいかも。


e0303726_20403469.jpg
かなり怖いですが、トイレもあります(笑)
e0303726_21150696.jpg
帰りに同じく東温市にある母恵夢スイーツパークへ立ち寄ってみました。
e0303726_22303362.jpg
本社工場に併設された「お菓子のテーマパーク」とのこと。
e0303726_22344656.jpg
上の画像のガラス窓から製造工程を見ることができますが、私達が行った時は稼働してませんでした^^;
e0303726_22370674.jpg
赤白ゴールドのパッケージは愛媛県民には懐かしいんですよ。

e0303726_22382623.jpg

ここでしか販売していないプレミアムな母恵夢がありました。
e0303726_22434085.jpg

プレーンとショコラを1つずつ買っていただきます。
コーヒーは無料でした(^^)
e0303726_22441157.jpg

高級な味わいでした。

牛の乳搾りが模擬体験できる模型などもありますが、テーマパークはちと言いすぎかも。
e0303726_19461563.jpg



by iamamii | 2016-10-20 19:29 | 愛媛 2016年 | Comments(0)

石手寺節分祭

塔マニアのタグを作ったので、書いてなかった地元「石手寺」の記事をアップすることにします。

短い参道はアーケード状になっていて、両側に遍路用品や土産物を売る店があります。
e0303726_14423948.jpg

二王門は国宝ですよー。
e0303726_14444590.jpg

境内に入るとすぐ右手に重文の三重塔があります。鎌倉時代末期に建立されたようです。
e0303726_14482791.jpg

この日は節分の追儺法要が執り行われていたので、参拝客多数。
e0303726_14531231.jpg

私もお参り。※本堂も重文です。
e0303726_1521917.jpg

境内側から見た二王門。
e0303726_14454280.jpg

以上、四国霊場第51番札所石手寺のご紹介でした。
by iamamii | 2016-06-14 08:01 | 愛媛 2016年 | Comments(0)

西予宇和インターの近くに四国霊場の札所の看板があったので、行ってみることにしました。
いつもの「ドライブがてら遍路」です^^;
広い駐車場に車を停めて石段を上がります。
わかりにくいかもしれませんが、石段の脇に水が流れてて、いい感じでした。
e0303726_1123224.jpg

仁王門。
源光山と書いてあります。
ご紹介が遅れましたが、第43番明石寺(みょうせきじ)です。
宇和町出身の会社の同僚に話したら、地元では「あげいしさん」と呼ぶんだそうです。
e0303726_11251986.jpg

仁王門から見た本堂。
e0303726_11273141.jpg

仁王門の内側右手の地蔵堂。※側面です。
e0303726_11335693.jpg

更に階段を上がって、本堂へお参りしたのですが、まさかの写真撮り忘れです^^;
階段を上がり切るとすぐに本堂があるので、お参りしなきゃって思ってしまったというわけです。
本堂の右手に大師堂があるのですが、こちらも画像がありません。

そのくせ鐘楼は何枚も撮ってました^^;
e0303726_11501449.jpg

本堂左手の様子。
新緑がキレイ!
e0303726_11511849.jpg

本堂から見下ろした仁王門。
すれ違ったご夫婦が、八十八箇所霊場の中でも屋根瓦が茶色のお寺は珍しいと会話してるのが聞こえました。
なるほどです。
ちなみに四国八十八箇所霊場は、ほとんどのお寺が真言宗ですが、こちらは天台寺門宗という宗派です。
e0303726_11542261.jpg


続いては高速を途中で下りて冨士山(とみすやま)へやってまいりました。
大洲市のツツジの名所です。
駐車場から山頂へ向かう長い階段^^;
ということは、相方は当然行く気がありません。
e0303726_12275821.jpg

仕方なく一人で。

階段を上がり切ると緩やかな坂道に。
ツツジがチラホラ。
e0303726_12402596.jpg

他とはちょっと違うこのツツジは何という種類でしょうね。
e0303726_1241230.jpg

山頂近くまでやってまいりました。(まあまあ距離がありました)
この翌日からが「つつじまつり」ということで、満開まではまだ数日かかりそうでしたが、それでも綺麗に咲いてます。
e0303726_12431831.jpg

眼下には大洲市内を流れる肱川。
e0303726_12523884.jpg

頂上も行っておきましょう。
e0303726_12545280.jpg

見晴しはNGでした。
e0303726_12555629.jpg

少し下って別角度から。
e0303726_12564275.jpg

この辺りが一番綺麗かなと思います。
30年ほど前に来た時は相当綺麗だった印象があるのですが、今回それほどでもなかったかも。
お天気のせいかなぁ???

最後は伊予灘SAでいつもの「にゃんだソフト」
e0303726_16355748.jpg

by iamamii | 2016-05-08 13:02 | 愛媛 2016年 | Comments(2)

愛媛県は大きく東予、中予、南予の3つの地域に分かれます。
テレビやラジオの天気予報も「中予地方の明日の予報は・・・」と言います。
今日はその中でも大洲、八幡浜、宇和島などの市がある南予地方へドライブへ。

やって来たのは、松山から高速道路で約1時間、西予宇和インターを下りてすぐの道の駅「どんぶり館」です。
↑ 西予市にあるので西予宇和インターと言いますが、西予地方とは言いません。
e0303726_358396.jpg

お昼には少し早い時間だけど、腹ごしらえ。
こちらのジオパノラマ膳は、四国西予ジオパークにちなんだメニューです。
e0303726_4234828.jpg

天丼はこれから向かう須崎海岸の地層を、そしてサラダは四国カルストの石灰岩をイメージしたものになっていますが、ビジュアルがイマイチ^^;

食後は道の駅の「青空市場」(屋内です)で新鮮な野菜を購入。
e0303726_4261628.jpg


さて、目指す須崎海岸は西予市三瓶町(旧西宇和郡三瓶町)にあります。
どんぶり館から40分ほどかかって到着。
最後の数百メートルは離合もままならないような細いクネクネ道でしたが、駐車場には立派なトイレが。
e0303726_445968.jpg

海岸への降り口は駐車場から30mほど下ったところにあります。
こちらの看板にマジックで小さく284段と書いてありました。
奥さんは備え付けてある竹製の杖を手に取って下りて行きます(笑)
e0303726_4492589.jpg

階段はこんな感じで整備されていますよ。
e0303726_452479.jpg

途中で折れて更に下へ。
e0303726_4561944.jpg

「行きはよいよい」って感じがしないでもありません。(用法たぶん間違ってますが)

4分ほどで海岸に到着。曇ってるけど、雨の心配はなさそうです。
e0303726_458224.jpg


ここからは海に沿って続く遊歩道を進みます。
e0303726_504054.jpg

二つ目のコーナーを右へ曲がると、須崎海岸を紹介する写真でよく見る景色が見えてきます。
e0303726_524623.jpg

おー!やっぱり近くで見ると写真と違って迫力あるな~
e0303726_521383.jpg

そして、遊歩道を更に進んでコーナーを曲がると・・・
もうひとつ先の景色がドーンと目に飛び込んできました!
e0303726_19573633.jpg

「うゎー、これは凄い!」と思わず声を上げたのですが、高さが15mくらいはあるでしょうか、真ん中に洞窟のような穴が開いた一枚岩が忽然と姿を現しました。
e0303726_22384186.jpg

目一杯引いて撮ってるのですが、遊歩道からあまり距離が無いので全景が写らなくて、ダイナミックさがお伝えできないのが残念!
e0303726_23281582.jpg

下の画像は一枚岩の右手にある海岸沿いの岩壁です。
こちらの須崎海岸はもともと水平だった地層が地殻変動によって垂直になったそうです。
e0303726_2343367.jpg

一枚岩と向き合う左手の岩にも大きな穴が開いてます。
まるで別世界に飛び込んだような感覚に陥って、この場にとどまっているのが怖くなるほどの景色でした。
e0303726_20493100.jpg

岩の青さも印象的。
e0303726_23132332.jpg

四国は結構行き尽くしたような気になっておりましたが、まだこんな場所があったんだと大いに感心。

さて、284段の階段を上がって駐車場に戻ってまいりました。左手にも道が続いていますが、相方は帰りの階段がこたえたらしく、「車で待ってるから行って写真撮っておいで」って言うので、一人で行くことに^^;
e0303726_2192739.jpg

こちらが須崎観音です。
e0303726_2195431.jpg

海の犠牲者の弔いと船の安全航行などを祈って建てられたものだそうです。
鐘の横に展望台へ下りる階段が。
e0303726_21125467.jpg

展望台からの景色。
曇っててイマイチでした。
e0303726_21151568.jpg

次は明石寺へ。
by iamamii | 2016-05-03 04:26 | 愛媛 2016年 | Comments(2)

久万高原町へドライブ

今日は久万高原町で開催されている「くままちひなまつり」というイベントを見に行きます。
その前に腹ごしらえ。
e0303726_20124487.jpg

松山人に最も馴染みの深いお蕎麦屋さんと言えば、私のブログでも何度か紹介している、こちら「そば吉」さん。
市内と近郊に9店舗ある大衆蕎麦屋なのですが、ここのちょっと酸味を感じる鰹出汁の味は定期的に食べたくなるのです。

松山から久万高原町の中心部までは車で約30分なのですが、更に30分ほど走った中津地区という場所にあるシダレザクラが地元の新聞で紹介されてたので、足を延ばしてみました。
国道から入ってすぐだと勝手に思っていたのですが、細い道をずんずん上がり10分以上かかって到着。
e0303726_2022355.jpg

こちらが西村大師堂のシダレザクラです。
e0303726_20284698.jpg

想像してたよりは小さかったのですが、それでも立派な桜です。高さ9m、樹齢220年とのこと。
e0303726_20292691.jpg

花はソメイヨシノなどに比べるとかなり小ぶりで可憐な感じでした。
e0303726_144431.jpg

桜の周囲には菜の花が植えられてて、淡いピンクと黄色のコンビネーションがキレイ!
e0303726_20343463.jpg

ちなみにこちらがすぐそばにある西村大師堂。
名前のとおり真言宗のお堂です。
e0303726_20345522.jpg

ちゃんとお参りもしましたよー(^^)

再び30分かけて久万高原町の中心部まで戻ってきました。
こちらは久万高原町役場の桜。散り始めてはいるものの、まだまだキレイ。
e0303726_20454394.jpg

さて、くままちひなまつりです。
e0303726_20473564.jpg

ひなまつりは、商店街で行われているのですが、商店街といっても小さな町なのでこんな感じなんですよ^^;
e0303726_20475340.jpg

歯医者さんの窓枠や
e0303726_20511674.jpg

時計屋さんのショーウィンドーなど、規模の大小はあるものの、商店の店先や民家の車庫などにこうしてひな人形が飾ってあります。
e0303726_20513291.jpg

そしてメイン会場はこちらの「あけぼの座」。
e0303726_205641100.jpg

建物内には、大きなピラミッド型の雛段に所狭しとひな人形が飾られています。
e0303726_1483819.jpg

町おこしで昨年始めたイベントだそうで、ひな人形の提供を呼び掛けて全国から集まった10,000体(あけぼの座には約2,000体)が展示してあるようです。
ですので、三人官女も大勢います(笑)
e0303726_14332492.jpg

中央の笑顔のオジサンが気になるー(^^)
e0303726_143907.jpg

あけぼの座は倉庫を改装したような建物なので、これが歴史的に価値のある古民家みたいなところだったら雰囲気があって良かったのではないかと。

さて、すぐ近くの道の駅「天空の郷さんさん」へ移動してティータイム。
e0303726_16264819.jpg

星空のチーズケーキ。生地がしっとりして美味しかった。
星空とチーズケーキは関係ありません(当たり前です)

帰りにもう1箇所、三坂峠近くの桜スポットへ。
行きの車内から綺麗に咲いているのが見えたので寄ってみました。
e0303726_16355763.jpg

桧垣桜公園というようです。
e0303726_16364973.jpg

このあたりは久万高原町中心部よりも標高が高いので、今がまさに満開でした。
e0303726_16385784.jpg

もともとはひなまつりイベントを見るのが目的だったのですが、個人的にはもう一度桜を見ることができたことのほうが良かったかもです。
by iamamii | 2016-04-12 21:02 | 愛媛 2016年 | Comments(0)

今年の花見はどこにしましょう?と調べておりましたら、今治市の桜の名所、能島に1年のうち桜の時期の2日間だけ上陸できることがわかって、丁度休みのスケジュールと合ったので行ってみることにしました。
ということで、松山から今治を経由して瀬戸内しまなみ海道の一番手前の島、大島の宮窪港にやってまいりました。
定期便は無いので、紙を貼った急ごしらえの行先表示になってます。
e0303726_19575215.jpg

乗船料は往復大人500円。
桟橋にいらっしゃるご婦人に支払います。
切符もなければ領収証もなく、さらに言うと時刻表も無いユルユルな感じが、なかなかいいのでは037.gif

宮窪港は漁港でもあるようですね。
e0303726_19592997.jpg

沖にこれから向かう能島が見えますが、桜、あまり咲いてないかも^^;
e0303726_2002155.jpg

ある程度お客さんが集まったので出航(笑)

距離にして7~800mなので、すぐに島が近づいてきました。
e0303726_202833.jpg

ということで、じょうりーく!
e0303726_2033496.jpg

ちなみに、右手の建物はトイレです。

「史跡能島城跡」という石碑が建っていますが、能島は昔、村上水軍(いわゆる海賊です)の拠点だったようです。※全く知らずに行きました。
e0303726_22574562.jpg

それでは頂上を目指して坂を上がりましょう!
下の方はまだ3分咲きといったところかな。
e0303726_2012547.jpg

遊歩道が整備されているので、お年寄りでも大丈夫。
e0303726_2082215.jpg

乗ってきた船が宮窪港へ引き返して行くのが見えます。
e0303726_23124824.jpg

城跡ということなので、三之丸、二之丸、本丸といった感じでしょうか。
e0303726_20132976.jpg

4分ほどで頂上に到着しました。
e0303726_20215593.jpg

頂上にベンチがあったので、ベンチに陣取って、何はともあれお弁当(笑)
お花見弁当ではありません。松山のデパートで買ったロック・フィールドの「ごはんによく合う30品目セット」というお惣菜です。
e0303726_2030366.jpg

花見弁当のコーナーは行列ができていたので、こちらにしたというわけですが、なかなか美味しかった!
あと、写真を撮り忘れたのですが、鷄めし(おにぎり)も食べました。
ビールが飲めたら最高だったのですが、奥さんに運転させて自分だけ飲むっていうのもね・・・

さて、お腹が満たされたところで桜です^^;
頂上の桜は5~6分咲きといったところでした。
e0303726_20252157.jpg

ちなみに目の前はこんな景色。
遠くにしまなみ海道の橋が見えます。
e0303726_2026133.jpg

とても穏やかな瀬戸内海の景色、癒される~
e0303726_22302110.jpg

食後は持参していたレジャーシートを広げて寝っ転がりました。
e0303726_223177.jpg

最後に桜のアップ。
e0303726_41989.jpg

ということで、「能島の花見」という今治市主催のイベントでした。
とても整備された観光資源なのに、年に2日しか上陸できないというのは勿体ない気がするし、このイベント自体、もっとPRすればいいのにと思った反面、行く側からすれば、あまり混み合ってなくてマッタリできたのは良かったかも。

帰りに今治市街のJAおちいまばりの直売所「さいさいきて屋」に立ち寄り。
e0303726_22415746.jpg

新鮮なアサリと、
e0303726_22421733.jpg

つまみを買って・・・
e0303726_224373.jpg

自宅に着くなり速攻ビールを飲んだのは言うまでもありません(笑)
by iamamii | 2016-04-04 20:23 | 愛媛 2016年 | Comments(2)