人気ブログランキング |

カテゴリ:徳島 2015年10月( 2 )

紅葉2015(剣山②)

まずは剣山神社にお参り。
e0303726_21320141.jpg
そして神社と山荘の間の階段を登ります。
e0303726_21543777.jpg
階段を上がり切ると、木の生えてない低い笹で覆われたなだらかな丘が広がっています。(画像は左方向)
e0303726_22030190.jpg
そして、右方向には頂上へと続く緩やかな木道が続いています。
e0303726_22041082.jpg
さあ、この先はいよいよ頂上です。
e0303726_22053789.jpg
剣山登頂でーす!(リフトで連れて来てもらったので、あまり大きな声では言えませんが)
e0303726_22085528.jpg


日本百名山の一つで、西日本では我らが愛媛県の石鎚山に次いで2番目の高さを誇る山であります。
ですので、ざっと見渡す限り、ここより高い場所はありません(^^)※画像は北方向です。
e0303726_22143875.jpg


南方向も所々が紅葉しててキレイ。
e0303726_22173900.jpg


でも、特に美しかったのは西に見える次郎笈(じろうぎゅう)という山の景色でした。
e0303726_00101125.jpg
丁度、次郎笈から稜線を縦走して来られた皆さんが到着したのですが、ここを歩いたらさぞかし気持ち良いのではないかと思います。
(もちろん私達に、そんな元気はありません)
e0303726_22244750.jpg
しばし景色を楽しんだのち引き返します。
右手前方に見える茶色の建物は「あわエコトイレ」という最近できたトイレです。
e0303726_22381833.jpg
私は、その名前からてっきり泡で汚物を分解するようなトイレを想像してたのですが、徳島だけに、泡ならぬ「阿波」でした037.gif
でも、とっても広くて立派なトイレでしたよ。※泡ではありませんが、最新のバイオ技術で処理をするようです。

こちらは東の展望デッキから見た景色です。
e0303726_22470996.jpg
山小屋まで戻って休憩。
e0303726_22525311.jpg
おでんと笹だんごをいただきました。
名物というおでんは、出汁がよく沁み込んでいて絶品でした!
e0303726_22544202.jpg
さあ、ぼちぼち下山しますか。
景色を楽しみながらゆっくり下りましょう。
e0303726_23153712.jpg
下りのほうが順光でキレイでした。
e0303726_23031511.jpg
先を行く皆さんは、さっき次郎笈から上がって来られた方々。
私達は半分くらい下山したこの時点で早くも膝が笑っていたのですが、こちらの皆さん、リフトにも乗らず登山道を下って行かれました。
私達よりずっと年上でしたが、体力があって恐るべし!
e0303726_23073534.jpg
e0303726_23165585.jpg
片や私達は膝ガクガクで西島駅に到着^^;
e0303726_23181008.jpg
西島駅から見上げる山荘の景色が西日を受けてとってもキレイでした。
e0303726_23214457.jpg
上りはわからなかったのですが、下りに乗ったらかなり急勾配で、ポールにしがみついていたワタシ007.gif
この写真は、決死の覚悟で撮ったものです。
e0303726_23225451.jpg
おまけですが、見の越駅には剣山自然情報センターという施設があって、中には剣山に住む動物の剥製などが展示してあります。
先日、室戸の近くの山中で一瞬リスを目撃して以来、色々ネットで検索してみたものの、リスが棲んでいるという情報が見つからず、やっぱりリスじゃなかったのかなぁと思っていたのですが、右端の木の上の方にしっかりリスがいました(^^)
e0303726_23324247.jpg

by iamamii | 2015-10-23 23:34 | 徳島 2015年10月 | Comments(0)

紅葉2015(剣山①)

前々から行ってみたいと思っていた剣山へ向かいます。
松山の自宅から高速を飛ばして約2時間。
こちらは徳島県つるぎ町にある道の駅「貞光ゆうゆう館」です。
e0303726_21244063.jpg
ここで万が一遭難した時に備えて非常食用に蒸しパンを購入しました。(冗談です)

ここから山道を走ること更に約80分。
やっと目的地である見の越(みのこし)という場所が見えてきました。
e0303726_21310775.jpg
同じ場所から撮った写真ですが、右手に見えるこちらの山が剣山だと思います。
e0303726_21323337.jpg
駐車場に車を停めて、まずは腹ごしらえ。
見の越には土産物屋を兼ねた食堂が数件あります。
駐車場に最も近いこちらへ入ってみましょう。
e0303726_21373406.jpg
メニューはうどんとかそばとか、そんな感じでしたが、
e0303726_21412609.jpg
なんかカレーライスが食べたくて注文したのですが、これがまさかのレトルトでした(>_<)
e0303726_21430341.jpg
「カレー食うべからず」です。

さて、見の越からはリフトに乗って西島というところまで向かいます。
リフトは意外に高くて、往復で一人1,860円でした。
最初はこんな感じですが、
e0303726_21500059.jpg
徐々に紅葉が見え始めて、西島駅が近づくと、目の前にこんな綺麗な景色が広がってきます。
e0303726_22564794.jpg
標高1420mの見の越駅から約15分で、一気に標高1750mの西島駅にやってまいりました。
e0303726_21570950.jpg
ここから山頂までは徒歩で約40分とのこと。
e0303726_22272618.jpg
頑張って登るぞー!などと軽口を叩いていたら、最初の上りがなかなか急で、少し登っただけなのにもう息切れ。
e0303726_22143951.jpg
「ちょ、ちょっと休憩^^;」
って、ほとんど進んでません。
「最初はゆっくり上ってください」とリフト乗車中にアナウンスが流れていたのですが、あまり真剣に聞いてませんでした。
というか、傾斜のなだらかなハイキングコースのような道だと勝手に思っていたのですが、全くそんなことはなくて、なかなかの登山でした042.gif
でも、すれ違う人は、私達より年配の方が多く、日頃の運動不足を痛感したといいますか、年齢のわりに体力が無いことがよくわかりました^^;

しかしながら、そのうち景色が開けてくると、しんどさを忘れるほどの絶景ポイントの連続で、「凄いねー!」「キレイねー!」を連発していた私と相方なのでした。
e0303726_22213517.jpg
遠くに見えていた頂上の山小屋が随分近づいてきました。
e0303726_22224583.jpg
途中の分岐点。
e0303726_22304720.jpg
画になる風景がそこらじゅうに(^^)
e0303726_22341519.jpg
e0303726_23381460.jpg
もうちょいかな?
e0303726_22374064.jpg
そうみたいですね。
e0303726_22392029.jpg
頂上へは左方向から登るのですが、景色が良さそうなので、ちょっとだけ右のコースを下ってみましょう。
笹の群生が陽の光を受けてキラキラ光っててキレイでした!
e0303726_22431125.jpg
鳥居の向こうに山小屋が見えますね。
e0303726_22443472.jpg
写真を撮りながらゆっくり登ったのですが、それでも40分ほどで山小屋に到着しました。
e0303726_22481975.jpg
山小屋からの景色。
視界が良ければ鳥取県の大山まで見渡せるようです。※この日は少し靄がかかってました。
e0303726_22501992.jpg
さあ、もうすぐ頂上です!





by iamamii | 2015-10-21 22:50 | 徳島 2015年10月 | Comments(0)