人気ブログランキング |

素敵観光地 長崎⑥

そろそろお昼(ごはん)にしましょう。
長崎名物のちゃんぽんを食べようとグラバー園近くの四海楼に行ったのですが、あいにく駐車場が満車。
次の店に向かって西浜町辺りまでやってまいりました。
この先の交差点の右折がなかなか大変なのです(汗)
e0303726_15392988.jpg

ゆうべ来た思案橋電停近くに車を停めてやってきたのはこちら。
e0303726_15402497.jpg

街の中華料理屋さんといった雰囲気の店内ですが、おいしいと評判の店なのです。
e0303726_1542143.jpg

先に家内のちゃんぽんが運ばれてきました。
e0303726_15465257.jpg

私は特製ちゃんぽん。
エビ、イカ、ホタテなどが入ってます。
コクがあって超ウマ!
e0303726_1674046.jpg

普通の「ちゃんぽん」も一口食べてみましたが、特製に比べてアッサリめの味わい。スープは同じだと思うので、具から出るエキスによって味が違ってくるものと思われますが、どちらも美味でした!

折角ここまで来たので1ヶ所観光していきましょう!
思案橋から路面電車に1区間だけ乗って終点の正覚寺下へ。
そこから歩いて約5分、崇福寺は唐寺(とうでら)といわれる中国様式の寺院です。
e0303726_16234772.jpg

お寺なのに拝観料が300円必要008.gif

でも、この第一峰門は何と国宝でした!
e0303726_1626767.jpg

なるほど、細かい細工が施されてます。
e0303726_1628243.jpg

扉の装飾。菊かと思ったら牡丹だそうです。
右上の青いのはコウモリ。
e0303726_17135024.jpg


そして、こちらの本殿も国宝です!
e0303726_16293592.jpg

本堂に向かって右手に続く廊下と
e0303726_16552698.jpg

媽祖堂門。
e0303726_16595235.jpg


静寂の漂う境内は、一瞬暑さを忘れるようでした。
こんなに街に近いんですけどね。
e0303726_1716305.jpg

来て良かった。

続いてベイエリアへ。
e0303726_17191585.jpg

長崎出島ワーフは、どうやらナイトスポットらしく人影もまばらでした。
e0303726_17291697.jpg

最後に目指した出島を再現したスポット「出島和蘭商館跡」は、出島ワーフの裏手にあります。
国の史跡とのことなので、ここにもともとの出島があったものと思われます。
e0303726_17364079.jpg

入場料510円を支払って中へ。
e0303726_1747023.jpg

こちらはミニ出島。
e0303726_17473493.jpg

カピタン部屋という商館長の家の大広間です。
e0303726_17493326.jpg

当時はこんな具合にパーティーが開かれていたのかな。
e0303726_17584841.jpg

ゆっくり見学したかったのですが、車を停めた駐車場から距離があって体力を使ってしまったので、早々に切り上げました。まだこれから別府まで3時間以上運転して帰らなきゃいけないからねー。
真夏の観光は体力勝負であります042.gif

最後は別府の「レストラン三ツ星」という洋食屋さんでいただいた晩ごはん。
相方は和牛ハンバーグ。
e0303726_1884958.jpg

私はジャンボ車えびのフライ。
e0303726_18104412.jpg

名物ではなく私の好物ですが、付け合せの蒸し野菜は別府名物でーす!

帰りは別府から宇和島運輸フェリーで八幡浜へ。
e0303726_18272371.jpg


ということで、長崎旅行はこれにておしまい。
見所、美味しいもの満載の素敵観光地でした。
by iamamii | 2014-09-21 15:42 | 長崎 2014年8月 | Comments(2)

素敵観光地 長崎⑤

ホテルをチェックアウトして向かったのは、南山手というエリアにある大浦天主堂。
こちらの坂の入口まではホテルから400m程の距離です。
e0303726_183595.jpg

両側に土産物店が立ち並ぶ緩やかな坂を上って行くと正面に見えてきました。
e0303726_18383241.jpg

1864年に建てられた日本最古の木造教会で国宝に指定されています。
原爆によって一部が破壊され、昭和27年に修復されたようです。
e0303726_18414278.jpg

建物内は撮影ができないので画像は無いのですが、アーチ状の高い天井やステンドグラスなど なかなか見応えがありました。
こちらは建物の入口に立つ聖母像です。
e0303726_2274751.jpg


続いてはグラバー園。
大浦天主堂から歩いてスグです。
e0303726_22141292.jpg

入園料は610円と意外に安かったです。
e0303726_2217192.jpg

斜めに上がる動く歩道で先へ進みます。
さすが長崎を代表する観光地だけあって、快適に見学できるよう設備が整っています。
e0303726_2219209.jpg

こちらは旧長崎地方裁判所長官舎。
レトロな衣装を着て写真撮影をするサービス(有料)をしてました。
e0303726_22283222.jpg

向かいには旧ウォーカー住宅があります。
e0303726_20255218.jpg

中の様子。明治中期の建物のようですが、調度品などは当時のままなんでしょうかねぇ。
e0303726_20264398.jpg

通り抜けると港の景色が広がっていました。
e0303726_2028921.jpg

グラバー園は傾斜地につくられた庭園ですが、その一番高い場所にあるのが、こちらの旧三菱第2ドックハウス。
e0303726_22565622.jpg

ドック入りした船の乗組員が宿泊した施設だそうです。
e0303726_2312642.jpg

2階に上がってみました。いい眺めです。
e0303726_2030513.jpg

この日もとにかく暑かったのですが、水の流れる風景を見ると、暑さが多少和らぎます。
e0303726_20321825.jpg

さて、ウォーカー住宅まで下ってまいりました。どうやらこちら側が正面ですね^^;
e0303726_20381779.jpg

こちらは旧リンガー住宅かな?
国の重要文化財に指定されている洋館ですが、暑さにまいってたので写真が1枚しかありません^^;
e0303726_2038582.jpg

次は旧オルト住宅の中の様子。
e0303726_2253849.jpg

こちらも重文。列柱のあるベランダ?テラス?がいい感じです。
e0303726_2285956.jpg

石造りの家なんですよ。朱色の日除け窓も素敵です!
e0303726_22154089.jpg

こちらがオルトさんちの全景。
e0303726_22162475.jpg

途中のガーデンカフェで水分補給。
e0303726_22184135.jpg

最後はグラバー住宅です。※こちらも重文です。
e0303726_12283645.jpg

屋根の形に特徴があります。
最も有名なグラバー邸ですが、個人的にはリンガー邸やオルト邸のほうが良かったです。
e0303726_1232481.jpg

ということで、グラバー園でした。
ジツはグラバー住宅をはじめとする4軒の邸宅はご近所さんだと思ってたワタシ。
家内と「ウォーカーさんちが一番眺めが良くて一等地だね」などと話してたのですが、どうやらウォーカー邸は、のちにここに移築した建物だったのでした041.gif
by iamamii | 2014-09-14 18:43 | 長崎 2014年8月 | Comments(2)

素敵観光地 長崎④

おはようございます。
e0303726_16361623.jpg

2日目はホテルの朝食からスタートします。
ホテルモントレ長崎の朝食会場は室内席とパティオ席があって、外が気持ち良さそうだったのですが、あいにく先客の後片づけが終わってなくて空いてませんでした。ご年配の女性の係りの方が、「少し待っていただければ片付けます」と仰ってくださったのですが、何だか急かすようで悪いので、中で食べることに。
料理の方は行った時間が遅かったので、かなり少ない状態ですが、たぶん追加はされるものと思われます。
e0303726_16381989.jpg

思いがけず長崎名物卓袱(しっぽく)料理のコーナーがありました!
今回、卓袱料理を食べる予定が無かったので、これはとても嬉しかったです。
e0303726_16461486.jpg

料理をチョイスしている間に、先程の女性が「外のお席がご用意できました」と声をかけてくださいました。
ちょっとしたことだけど、ホテルの印象がグーンとアップしたのは言うまでもありません。
やっぱり相手を思う気持ちがサービスですね!

画像はパティオ席から見た室内席方向。
e0303726_1734812.jpg

洋食のほうはいつもと変わらないチョイスなので、
e0303726_1753055.jpg

卓袱料理をアップにしてみました!
e0303726_1761661.jpg

パティオ席、気持ちいいー!海外のホテルでいただく気分!
e0303726_1792317.jpg

ま、見上げるとマンションなんですけどね037.gif
e0303726_1710453.jpg

気持ち良く朝食をいただいた後は、チェックアウトまでの時間を利用してオランダ坂周辺の散策へ出かけましょ!
e0303726_17354550.jpg

ホテルのすぐそばに旧長崎英国総領事館があります。どうやら裏側のようですが。
e0303726_17382747.jpg

ホテルから100mほどでオランダ坂です。
e0303726_17401041.jpg

オランダ坂の標識はもう少し坂を上がったところにあります。
e0303726_17412543.jpg

こちらは坂の途中にある東山手十二番館という明治初期に建てられた洋館です。
e0303726_17441242.jpg

中は自由に見学することができます。
e0303726_17471129.jpg

ドア周りの装飾が素敵でした!

先へ進みましょう。
e0303726_17502232.jpg

こんな坂があちこちにあります。
e0303726_1872330.jpg

見た目は雰囲気があっていい感じですが、生活するのは大変でしょうね。
実際、長崎では自転車をほとんど見かけませんでした。
e0303726_17571363.jpg

ぐるっと一周してさっきの標識のところまで戻ってきました。
e0303726_175842.jpg

ということで散策は終了。
ホテルのエントランスは大型ホテルらしくない佇まいです。
e0303726_17593511.jpg

一旦部屋に戻ってチェックアウトします。
by iamamii | 2014-09-14 16:36 | 長崎 2014年8月 | Comments(0)

素敵観光地 長崎③

今日の晩ごはんは思案橋電停から歩いて2分のこちらに伺いました。
e0303726_14453439.jpg

中華街あたりで食べることができたら良かったのですが、中華街のお店の殆どは午後9時頃までしかやっていないので、夜景を見てからでは間に合わないのであります。

さて、あいにく満席だったのですが、少し待って入店できました。店内はスタッフの挨拶の声が飛び交って活気に溢れています。
私達はカウンターへ案内されました。

生ビールで乾杯!
こちらはお通し。
いぎす豆腐だったかな?
e0303726_1448396.jpg

お通しとは思えないクオリティでした。

まず注文したのは刺盛。これはびっくり!9種類以上の魚介が盛られて出て来ました。
e0303726_14582549.jpg

どれも新鮮で美味です!

ごぼうのカリカリサラダは超薄くスライスしたごぼうを揚げたものですが、食感が素晴らしく、冷めても美味しくいただけました。
e0303726_1512543.jpg


おっと早くも日本酒の登場です(笑)
e0303726_15164199.jpg

「福鶴」と「月のよさ」という2種類の地酒をいただきましたが、若いスタッフのおねーさんも、ちゃんとお酒の説明ができて、教育が行き届いてるなという印象。
何しろ私の前にいらっしゃった店長と思しきおにいさん、料理を作りながらも客の動向に神経を張り巡らせてて、いやあ、お若いのにこんな凄腕の方がいらっしゃるんだなーと感心して見ておりました。
これで、私達に「ご旅行ですか?」とでも話しかけてくれたら言うこと無かったのですが、この忙しさでそれをやると、きっと料理を出すのが遅くなってしまうから敢えて話しかけないようにしているのでしょう。(と勝手な想像)

さて、こちらはイベリコ豚の味噌かけ焼。
e0303726_15191138.jpg

650円とお値段もリーズナブル。

海老のロールハトシは長崎の郷土料理。
私が一番好きな食べ物はエビちゃんなので、これ食べたかったんです!
メニューにあって良かった。
e0303726_1522410.jpg


最後は枝豆。
わざと枝を残してカットしてるのがgoodでした!
e0303726_1524056.jpg


ということで、「多ら福」食べて飲んで二人で7,000円少々と、大満足のディナーでした。

ところで思案橋という名前ですが、昔この先に遊郭があって、行くか行くまいか思案したことから付けられたそうですよ。
電車通りの角にある こちらの店で豚まんを購入してタクシーに乗りました。
e0303726_1616243.jpg

とうちゃーく!1㎞くらいだったのかな?ワンメーターでした。
e0303726_16195474.jpg

ベッドでいただきます。
e0303726_16215520.jpg

まだ飲むんかい!
by iamamii | 2014-09-14 15:39 | 長崎 2014年8月 | Comments(0)

今回のステイ先は路面電車の大浦海岸通という電停近くのホテルモントレ長崎です。
係りのおねーさんが建物の地下にある機械式の駐車場までついて案内してくれるのですが、うちの車はコンパクトカーにもかかわらず、駐車スペースが狭くて入庫するのに大変苦労しました008.gif
フロントでチェックインの手続き。ホテルモントレは全国にありますが、こちらは長崎とゆかりのあるポルトガルを意識したデザインになっているようです。
e0303726_12272766.jpg

木がふんだんに使われてていい感じです。
e0303726_12322890.jpg

エレベーターの階数表示もクラシカルなデザインでした。
e0303726_1233532.jpg

7階の客室へ。ベッドに掛けられた布を見てカステラを連想したワタシ037.gif
e0303726_11555261.jpg

予約したのは普通のツインルームだったと思いますが、ホテルのHPの画像を見たところ、たぶんデラックスツインなのではないでしょうか。広さは26㎡くらいだと思います。
e0303726_1242566.jpg

バスルームはシンプル。少々古さは感じますが、清潔でした。
e0303726_12101387.jpg

バスタブ。ユニットではありません。
e0303726_12113822.jpg

昼間の観光で、いえ駐車場の入庫で大汗をかいたので、着替えをしてから稲佐山へ夜景観賞に出かけましょう。
ホテルのフロントでロープウェイと送迎バスがセットになったチケットを販売していたので、チェックインの際に購入しておりました。
ちなみにバス停にはホテルモントレ長崎と書いてありますが、実際はホテルから200m程歩いた、いけたびさんが泊まられたホテルニュータンダ前の大通り沿いにあります。
e0303726_124738100.jpg

数分待ってバスがやってきました。乗車整理券を提示して乗り込みます。
夏休み期間中で結構混んでいると聞いていたのですが、バスはガラガラ。ただ、いくつかのホテルを回ってお客さんを拾うので、最終的には補助席まで埋まっていました。
25分程度かかってロープウェイ乗り場に到着。やはり、かなり混んでおりまして、乗車待ちの行列ができていました。
e0303726_12554070.jpg

それでも、通常15分間隔で運航のところ、臨時便を出して対応しているとのことで、20分くらい待つと順番がやってまいりました。
e0303726_1302831.jpg

ギュウギュウ詰めのロープウェイで約5分、頂上駅に到着。
駅には帰りのロープウェイの乗車を待つ人で長蛇の列ができていました008.gif
駅舎を出て少し歩くと山頂です。
こちらが「世界新三大夜景」の1000万ドルの長崎夜景でございます。日本円に換算すると1ドル103円だから・・・
e0303726_1341274.jpg

折角のムードが台無しになるので計算はやめましょう028.gif
コンデジで撮ったので、美しさが伝わらないのが残念ですが、平地の少ない長崎市ならではの立体的な夜景、とっても素敵でした!
ちなみに三大のうちのあと二つはモナコと香港だそうです。
うん、昔行った香港の夜景も確かに綺麗だった。
ちなみに、新じゃないほうの三大夜景は函館、ナポリ、香港だそうです。香港は両方に入ってるんですね。
山頂には螺旋階段で上っていく展望台があって、展望台の上からは更にパノラマが広がりますが、この日は人が多くて夜景を見るのも容易ではありませんでした。※エレベーターで上がることもできます。
e0303726_13255119.jpg

帰りは丁度お客さんを乗せて展望台まで上って来たタクシーに飛び乗りました。※山頂まで車で上がることもできます。

このタクシーの運転手さんがサービス精神旺盛な方でして、頼んでもないのに長崎出身の某有名シンガーのご実家(暗くて全然わかりませんね)で停まってくれたり、
e0303726_13412191.jpg

前川清さんが歌っていたキャバレーがここだとか、色々案内してくれました。
実際には結構遠回りだったような気がしないでもなかったのですが、たぶん通り道だったんだと、いいように理解しております037.gif
「(8月15日の)精霊流しの日に来られたらとてもいいですよ」って仰ってました。

帰りのロープウェイ代を捨て、なおかつタクシー代3,000円弱払って長崎の夜の繁華街、思案橋まで戻ってきました。でも、夜景を見に行くと、ただでさえ晩ごはんが遅くなってしまうのに、あの行列に並んで待ってたら、何時に帰れるかわからなかったので、タクシーに乗ったのは正解でした。
e0303726_142741.jpg

by iamamii | 2014-09-14 12:12 | 長崎 2014年8月 | Comments(2)

素敵観光地 長崎①

いけたびさんのブログを見て行きたかった長崎へ行く機会がようやく訪れました。
2日間の短い夏休みですが、それでは八幡浜から九四オレンジフェリーで大分県の臼杵に出発します。
e0303726_1123730.jpg

写真が無くて申し訳ないのですが、船内には車両甲板から客室フロアまでエスカレーターが設置されてたり、リクライニングする椅子席があったりと、とても快適な船旅を楽しむことができるので、九四オレンジフェリー、お気に入りなのです。
e0303726_2114355.jpg


出航から約2時間、九州が近づいてきました。
e0303726_21282352.jpg

2時間25分で臼杵港に到着。臼杵ICから高速に乗って一路長崎を目指します。
途中の山田SAで昼食タイム。
e0303726_21342452.jpg

相方は大分の郷土料理 だご汁定食。
e0303726_21382925.jpg

ちなみに、ここ山田SAは限りなく大分県に近いけど、福岡県朝倉市でーす037.gif

私は ほとめき定食。
e0303726_21414457.jpg

「ほとめき」は筑後地方の方言で「おもてなし」という意味のようですが、料理の内容は筑後とは関係なさそうです。

食後は暫しお土産ショッピング。
e0303726_21462339.jpg


途中何度も休憩をしながら、福岡県と佐賀県を通過し、4時間以上かかって長崎に到着しました。
最初に訪れたのは平和公園です。
e0303726_2151454.jpg

エスカレーターを上り切ると噴水の先に平和祈念像が見えました。
e0303726_21525255.jpg

こちらは途中にある長崎の鐘というモニュメント。
e0303726_2242310.jpg

近くまでやってきました。穏やかな表情の像なんだけど、圧倒されるような存在感がありました。
e0303726_2154557.jpg

像をバックに写真を撮ってるおねーさんもいたけど、やはりここは静かに手を合わせるのが正解。

平和公園の入口から8分ほど歩いて浦上天主堂へ。原爆で倒壊して昭和34年に再建されたようです。
青空にレンガ色の建物が映えて綺麗です!
e0303726_05052.jpg

近くには原爆で崩れ落ちた浦上天主堂の旧鐘楼も残されています。
e0303726_0104385.jpg

途中のコンビニで水分補給。
e0303726_0123269.jpg

今年の夏は異常気象で西日本は雨の日が多かったのですが、この日の長崎は晴れてとにかく暑かった。
あ、私の備忘録なのでスルーしてください^^;

次に原爆資料館へ。
e0303726_01735.jpg

皆さん熱心に見学されていました。
e0303726_0174639.jpg

e0303726_018442.jpg

資料館を出てすぐ近くの爆心地へ。広々とした公園として整備されており遠くに碑が見えます。
e0303726_8594664.jpg

原爆によって多くの命が奪われたことを思うと、特別な感情が湧いてきます。
e0303726_019127.jpg


さて、平和公園前まで戻って、車で風頭(かざがしら)エリアへ。
長崎の街は全体に道が狭いうえに路面電車が走ってるので、運転に気を遣います。特に軌道を横切って右折するのはなかなか大変。でも、電車の待ち時間や暑さを考えたら車で回ったのは正解でした。
中島川沿いのコインパーキングに車を停めて眼鏡橋へやってまいりました。
e0303726_9181635.jpg

他に組み合わせて行って見たいスポットがないエリアだったのですが、やっぱここは行っとかないとね。
川沿いは遊歩道が整備されてて長崎市民の憩いの場になっているようです。
e0303726_9252578.jpg

河原に下りて下から見てみましょう。
e0303726_9295493.jpg

皆さんひとつ下流側に架かる橋から眼鏡橋をバックにして撮影していらっしゃいました。
e0303726_1044816.jpg

川面に橋が映って眼鏡に見えますね。夕暮れ時も相まっていいカンジでした!
e0303726_107322.jpg

再び車で移動。ホテルJALシティの駐車場に車を停めて中華街へやってきました。やはりここで記念写真を撮っておかなくてはいけません(笑)
e0303726_10105691.jpg

中華街に来た目的は中華まんを食べることだったのですが、丁度うまい具合に橋のたもとに有名な岩崎本舗があったので入ってみました。
e0303726_10165211.jpg

店内にはテーブル席があって買った商品をその場でいただくことができます。
角煮まんじゅう、熱々でーす!
e0303726_10195196.jpg

めちゃウマでした!
ちなみにテーブル横にはお茶のサーバがあって、無料でいただくことができます。
それでは、ぼちぼちホテルに向かいましょう。
by iamamii | 2014-09-13 21:22 | 長崎 2014年8月 | Comments(2)