人気ブログランキング |

今回の旅は愛媛県の宇和町です。正確には西予市宇和町卯之町になります。
さて、旅先ではたいていその土地の名物を食べることが多いのですが、これといった物も無さそうだった(失礼!)ので、食べログで評価の高かった洋食屋さんステーションへ。
JR卯之町駅前なので「ステーション」です037.gif
e0303726_2220389.jpg

年季の入った喫茶店といった風情の店ですが、本格的な味わいのハンバーグでした。
e0303726_22214358.jpg

相方は若鶏のソテーだったかな。
e0303726_2224499.jpg

食後は重伝建地区の町並みへ。
e0303726_22275834.jpg

「なかなか良い雰囲気なのでは」と思われるかもしれませんが、実際には古い建物と新しい建物とが混在してて、今一歩という感じです。
だからというわけでは無いとは思いますが、価値の高い建物にはこんなプレートが付けられています。
e0303726_2212552.jpg

メインストリートから山手に曲がります。(画像は振り返ってメインストリートを見たところです)
e0303726_22164454.jpg

開明学校の入館受付にもなっている宇和民具館を見学しましたが、さほど目新しいものはありませんでした。
e0303726_221456100.jpg

こちらが重文の開明学校です。卯之町重伝建地区の目玉はやはりここでしょう。
明治時代に建てられた小学校で、洋風の窓がオシャレですね。
e0303726_22204046.jpg

こちらは敷地の右手にある開明学校の前身の私塾、申義堂。
e0303726_2227296.jpg

中はこんな感じです。
e0303726_22275394.jpg

開明学校の中は沢山の資料が展示されていました。
1階の様子。
e0303726_22334514.jpg

2階には教室が再現されています。
e0303726_2235537.jpg

メインストリートに戻って松屋旅館。
e0303726_22423035.jpg

そして突き当りは宇和先哲記念館。
e0303726_22555386.jpg

あまり期待せずに入ってみたのですが、シーボルトの娘で日本で初めての女医である楠本イネや江戸時代の蘭学者、二宮敬作など宇和町ゆかりの偉人を紹介しており、意外に良かったです。

こちらは高野長英の隠れ家ということですが、あまりピンときませんね026.gif
e0303726_2353924.jpg

末光家住宅の装飾。
e0303726_23133412.jpg

先程の振り返り画像にもチラッと写ってますが、雰囲気のある民家です。
e0303726_2373836.jpg


駐車場に戻って車で数分の愛媛県歴史文化博物館へ。
e0303726_23283074.jpg

ここは、古代の竪穴式住居に始まり・・・
e0303726_2330196.jpg

先程見学した卯之町の幕末期の町並み模型や・・・
e0303726_2333864.jpg

大正時代の伊予鉄道の電車を復元したものや・・・
e0303726_23334477.jpg

昭和初期の松山市の繁華街の様子から、
e0303726_23393394.jpg

暮らしや祭りまで
e0303726_23421976.jpg

愛媛県の歴史を学ぶことができる大型施設です。
なかなか見応えがあるのではないでしょうか。
by iamamii | 2013-09-02 23:18 | 愛媛 2013年 | Comments(0)

初の四国の記事は宇和島です。
と言っても、いきなり食事ですが(^^;
JR宇和島駅に程近い川のほとりに、風格ある佇まいの店が見えてまいりました。
ほづみ亭です。
e0303726_11473086.jpg

ここから入店したのですが、どうやら正面玄関ではなかったようです。
e0303726_11502653.jpg

創業がいつ頃なのかわかりませんが、歴史を感じる木造の店内はとても良い雰囲気。
座敷席が埋まっていたようでカウンター席に案内されました。
e0303726_11554180.jpg

この店に来た目的は、郷土料理の宇和島鯛めしを食べることだったのですが、名物のじゃこ天も注文。
e0303726_1235121.jpg

程なく鯛めしがやってまいりました。
e0303726_125651.jpg

タレの中に鯛の切り身と刻み海苔、ゴマ、卵などが入っており、これをかき混ぜてごはんにかけていただきます。
e0303726_128792.jpg

最初、ちょっと切り身の量が少な目なのかなと思いましたが、食べ終わる頃には十分な量だということがわかりました。
これで何と950円!かなりお得感がありました。
次回は泊まりで来て、是非このカウンターで刺身などいただきながらお酒を飲みたいと思います。
こちらは店の横にある「ほづみ橋」の謂れが書かれた石碑。ほづみ亭という名前はこの橋の名前と関係がありそうです。
e0303726_12225059.jpg


さて、大満足の昼食を終えて、宇和島城の登り口へとやってまいりました。
沿革の中ほどに「仙台藩主伊達政宗の長子秀宗が宇和郡十万石に封ぜられ」と書いてありますが、宇和島藩と伊達家の関わりまでは踏み込んで書かれていないので、そのへんは別途、勉強が必要です。
e0303726_12343626.jpg

最初はスロープなのですが、途中から階段になり・・・
e0303726_12422372.jpg

そして、次第に勾配がきつくなります。まあ、木々に囲まれてて気持ちの良い登りではありますが。
e0303726_12433661.jpg

定番の井戸もあります。
e0303726_124747100.jpg

お、天守閣がチラッと見えたぞ。
e0303726_13115067.jpg

ここからは仮設?の階段。もうすぐ頂上です。
e0303726_12495532.jpg

e0303726_17465358.jpg

二の丸に着きました。
e0303726_13145483.jpg

さあ、最後の階段を上がりましょう。
e0303726_13165184.jpg

天守閣は江戸時代またはそれ以前に造られた「現存12天守」のひとつで、小さな天守閣ですが、どっしりしてて大変美しいお城です。
e0303726_13363265.jpg

山側の景色。
e0303726_13393292.jpg

天守閣の内部です。入ってすぐの場所に伊達氏の肖像画などがあります。
e0303726_13394468.jpg

最初の階段はかなりの角度。スリッパ履きなので、意外に登りの方が怖いです。
e0303726_13464163.jpg

2階の様子。天守閣の定番である各地のお城の写真は飾ってありますが、展示品などはありません。
e0303726_13474688.jpg

3階(最上階)です。
e0303726_13495754.jpg

近くに海が見えます。
e0303726_1354850.jpg

天守閣を出たところで、ボランティアの方々が湯茶の接待をされていたので、いただくことに。
e0303726_13593696.jpg

古地図の複製を見せてくれたり、天守閣をバックにカメラのシャッターを押してくれたりとサービスしていただきました。

一息ついたので、緩やかなスロープを下って、来た道とは違う登城口へおりて天赦園へと向かいます。
e0303726_149595.jpg

登城口から5分程歩くと伊達博物館がありました。
先程のボランティアの方からも案内があったし、折角宇和島まで来たので見学していきましょう!
e0303726_14104319.jpg

伊達家の調度品などが多数展示されているのですが、丁度、教科書等で良く見かける豊臣秀吉の有名な肖像画の展示が行われておりました。

続いてすぐ近くの天赦園へ。
ここは宇和島藩第7代藩主の伊達宗紀氏が造った、池を中心とした回遊式の庭園です。
春雨亭という茶室。
e0303726_1713592.jpg

かなり広い池です。
先程行った宇和島城で、ボランティアのおじさんが、この辺りは昔は海だったので、天赦園の池にはボラがいると教えてくれました。
e0303726_17145125.jpg

藤棚の藤は少し時季が早くてまだ咲いていません。
e0303726_17165965.jpg

そのかわり菖蒲は綺麗に咲いてましたよ。
e0303726_17171970.jpg

お城からはこのくらいの距離です。
e0303726_1719562.jpg

最後は鯉の画像。入場口で鯉の餌を売っているので、人が近づくと気持ち悪いくらい集まってきます。
e0303726_17211613.jpg

餌持ってなくてごめんねー!
ということで、宇和島、なかなか良かった。
by iamamii | 2013-07-06 12:27 | 愛媛 2013年 | Comments(0)