日帰り尾道&呉の旅(尾道編②)

ランチは行きつけの保広へ。
e0303726_1838931.jpg

行きつけと言ってもまだ3回目なんですけどね^^;

いただいたのは特上握り鮨。
e0303726_18394798.jpg

目の前が海ということもあって、ここの魚は飛び切り新鮮。
鯛は近くの布刈の瀬戸で獲れたものです。うーん、オイシー!
烏賊と鯵(たぶん)はコリコリの食感がたまりません。
でも一番美味しかったのは手前の巻き物。
具が焼き穴子なんです。
お寿司屋さんでは初めて食べたような気がしますが、格別の味わいでした!

久しぶりの保広を堪能したamiiは海沿いの遊歩道(おのみち海辺の美術館といいます※)を歩いて次の目的地へ向かいます。
※防波堤の内側に著名な画家の絵や尾道で開催されている「絵のまち尾道四季展」グランプリ作品のレプリカなどが埋め込まれています。
e0303726_20225574.jpg

海のすぐ傍に神社が。
e0303726_20504852.jpg

住吉神社というようです。縁起を調べてみましたが、よくわかりませんでした^^;
e0303726_20511768.jpg

尾道ラーメンの名店「つたふじ」は平日でも行列です。
e0303726_219633.jpg

こちらの建物は尾道市役所。
e0303726_2194712.jpg

おのみち映画資料館は市役所の斜め向かいにあります。
e0303726_2112295.jpg

尾道が舞台になった小津安二郎監督の「東京物語」や広島出身の新藤兼人監督に関する展示が中心の資料館です。
館内は基本撮影禁止なのですが、「個別の展示をアップで撮るのでなければ」と許可をいただきました。
e0303726_21182449.jpg

東京物語は数年前に初めて見たのですが、笠智衆さんが何とも言えない味わいを醸し出してて、静かに感動した作品でした。最近では、出演されていた原節子さんがお亡くなりになったことで、再び脚光を浴びてます。

続いておのみち歴史博物館へ。
入場券が映画資料館とセットになっていたので行ってみたのですが、館内は興味のあるものがほとんどありませんでした。※個人の感想です。

こちらは唯一目を引いた尾道の見所を紹介する写真パネル。
e0303726_22195356.jpg

先日も書きましたが、尾道は日本遺産に認定されています。
e0303726_2225718.jpg

ちなみに博物館の建物は旧尾道銀行本店です。
e0303726_22281341.jpg

次は再びお寺へ。
[PR]
Commented by iketabi-2 at 2016-06-12 21:41
お寿司、美味しそう~!
私は昔からお寿司が大好きで、
明日地球が滅びるとしたら最後に食べたい物がお寿司なんです。
主人は結構当初は、それ程お寿司は食べなかったのですが
3年間の広島生活でお寿司が大好きに。
やはり広島や愛媛など、海が目の前にある街は
お魚が美味しいですよね♪
Commented by iamamii at 2016-06-13 22:36
iketabiさん
はい、ここのお寿司は間違いないです!
でも、ブログでは、あまり登場してない(ようなイメージです)ので、
そんなにお寿司がお好きだったとは知りませんでした。
私も明日地球が滅びるとしたら、最後に食べたいのは海老の握りかもしれません(笑)
広島市もガイドブックなどを見ると海鮮料理の美味しい店がたくさんありそうですね!
by iamamii | 2016-06-08 19:09 | 広島(尾道&呉) 2016年5月 | Comments(2)