日帰り尾道&呉の旅(尾道編①)

先日の尾道、食べたいものが食べられず観光にも行けなくて、とっても心残りだったので再訪してまいりました。
松山市駅から福山行きの高速バスに乗ります。
平日とあってか、乗客は私を入れて5名。
e0303726_12224570.jpg

しまなみ海道を通って・・・
e0303726_12241867.jpg

約2時間。
向島(むかいしま)の向東(むかいひがし)BSで下車。
e0303726_12274896.jpg

ここからは歩いて渡船の乗り場へ。
15分ほど歩くと海が見えてきました。
e0303726_12292245.jpg

対岸は世界遺産 尾道旧市街です(^^)
山の中腹に千光寺が見えます。
千光寺の右下の三重塔は天寧寺。
e0303726_12402765.jpg

こちら渡船乗り場の前にある兼吉のバス待合所は、大林宣彦監督の映画「あした」のロケで使われた建物を移築しているようです。
e0303726_12384375.jpg

桟橋へ。
こうして向島から尾道の街を眺めるのは初めてですが、山の斜面に家が建ち並んでいる様子がよくわかります。
e0303726_12551695.jpg

迎えの船がやってまいりました。
e0303726_12574355.jpg

乗船料は100円。
先日乗った福本渡船が車と大人2名で150円だったことを考えると、乗ってる時間はほぼ同じなのに、こちらの尾道渡船はべらぼうに高いです(笑)
e0303726_12595133.jpg

尾道と向島の間には3つの渡船がありますが、尾道駅から最も東寄りの土堂に到着。
高速バスは新幹線の駅である新尾道駅にしか停まらないので、尾道旧市街に行くのであれば向島でバスを降りて渡船で渡ったほうが早く着くことができます。
e0303726_13254529.jpg


商店街に入って尾道駅方向へ。
素敵な看板を発見!
e0303726_13284731.jpg

レトロな雰囲気の商店街でいい感じですが、シャッターの下りてる店も結構あります。
e0303726_13293575.jpg

途中から右へ折れて国道と並行して走る山陽本線の陸橋を渡ります。
e0303726_13375590.jpg

古寺巡りの1箇所目は光明寺。
浄土宗のお寺です。
e0303726_13395640.jpg

本堂。
e0303726_13401820.jpg

続いて持光寺へ向かいます。
尾道の旧市街は国道から一歩山側へ入ると人しか通れないような細い道が網の目のように続いてるのですが、古寺巡りはこうした案内表示が整備されているので、わかりやすいと思います。
e0303726_13534370.jpg

持光寺本堂。
天台宗のお寺です。
e0303726_1413838.jpg

紫陽花の時期に来ると良いでしょう。
e0303726_1421363.jpg

本来なら山門をくぐってお参りするのが正しいんでしょうけど、横の入口から境内に入ったので、順番が逆になっておりますが、石造りの山門。
e0303726_1451140.jpg

石の門から少し下ったところに「二階井戸」という井戸があります。
e0303726_1451632.jpg

一階からも二階からも水が汲めるようになっているようです。

こちらは尾道ゆかりの作家 林芙美子の像。
e0303726_1505529.jpg

われらが伊予銀行尾道支店の前にあります(^^)
e0303726_152632.jpg

駅前にやってまいりました。
e0303726_1553958.jpg

駅にある観光案内所で尾道観光案内図をもらって、駅の裏手にある有名なガウディハウスを探したのですが、発見できず(>_<)
ここで体力を消耗するのは得策でないと早々に諦め、坂道を縫うように東西に続く細い道を尾道駅方向へと引き返します。
こちらは途中にあった坂の風景。
e0303726_1595638.jpg

そして伊予銀行の近くまで坂を下ってきました。
絵画サークルの方々かな。世界遺産の旧市街をスケッチしておられました。
ちなみに上にあるお城ですが、城を模して造られた建物で、かつては博物館だったようですが、現在は閉鎖されているようです。
e0303726_15154270.jpg

次はランチ。
[PR]
by iamamii | 2016-06-08 13:25 | 広島(尾道&呉) 2016年5月 | Comments(0)