年末は「おんせん県」でのんびり(夕食)

それでは食事に出掛けましょう!
今回の宿泊プランは1泊朝食付き。
私のお気に入りブログいけたびさんが道後温泉の旅館に泊まられた際、夕食を外で食べていらっしゃったのを見て、街中の温泉に泊まる時は一度試してみようと考えていたのです。

ということで、宿からタクシーで7~8分だったかな、別府駅のそばにあるこちらのお店にやってまいりました。
e0303726_1473036.jpg

事前に目を付けていた居酒屋に電話したのですが、年末ということで予約で一杯。こちらのお店も予約は既に締め切っているものの、当日席があるので、早い時間に来店いただければたぶん大丈夫と伺っていたので、5時半過ぎに入店しました。
丁度カウンター席に2席だけ空きがあって、すぐに座ることができましたが、この時点で満席になったため、料理が出て来るまでかなり待ちました。(注文を取りに来るのを忘れられていたということもありましたが・・・)

さて、まずは「豊後さばのりゅうきゅう」。
りゅうきゅうというのは、魚を醤油ダレに漬けこんだ大分の郷土料理のひとつです。
e0303726_1527512.jpg

甘辛く独特の風味を持った料理でビールが進みますが、小さいさばの切り身が6切れくらいで900円は、ちょっと高いかな。

ポテトサラダはもちろん名物ではなく、私の好物。こちらはボリュームたっぷりでした。
e0303726_14282340.jpg

とり天も大分名物ですね。
e0303726_14385147.jpg

タルタルソースを付けていただくこともできます。
e0303726_14481362.jpg

衣がサクっと揚がってて美味!

続いては豊後牛ヒレカツ。
一口サイズのカツが2切れで800円。奥さんと一切れずついただきました(笑)
e0303726_1441288.jpg

さて、いつの間にかというか、次第に空席待ちの行列が長くなってきたので、さっさと食べて席を譲ろうということで、〆の料理を注文しました。
こちらが、この店の名物の「天丼(エビ1本追加)」です。
e0303726_1542391.jpg

奥さんとシェアしていただきました。

冬場なので外で待てと言うのは気の毒かもしれませんが、私達の座っているカウンターのほぼ真後ろに順番待ちのお客さんが並んでいるので、ゆっくり食事を楽しむような雰囲気ではありません。
私はいちばん端の席で、振り返らなければ待ってる人が見えない角度だったのですが、隣に座ってる奥さんは待ってる人の視線が突き刺さってきたと言ってました(笑)
ということで、料理はまずまずでしたが、客の捌き方を含め、オペレーションは非常にマズいお店でございました。

さて、こちらは駅前の様子です。JR別府駅は新幹線の駅みたいでかなり立派。
e0303726_1525777.jpg

エキナカの土産物店でしばしお土産の下見。
ご当地フチ子さんを購入。
e0303726_15315325.jpg

こちらはご存知イタトマですが、私の地元にはないもので^^;
e0303726_1529383.jpg


さて、まだ7時過ぎですが、タクシーで宿に戻ってまいりました。
夜の雰囲気、なかなか素敵なのでは。
e0303726_1537283.jpg

部屋に入ると布団が敷いてありました。
e0303726_15382459.jpg

もう1回お風呂に入りましょう!
丁度夕食の時間とあって、内風呂も露天風呂も空いていたので、今度は露天風呂に行ってみました。※画像は露天風呂側から出入口方向を撮ったものです。
e0303726_15424985.jpg

内風呂ほど広くはないものの、雰囲気は抜群。
e0303726_15452856.jpg

しばらく誰も入ってないと見えて、お湯がかなり熱くなっており、シャワーとカランから水をダブルで注入したのですが、入ることのできる湯加減になるまで、かなり時間がかかりました。
さほど気温は低くなかったものの、この時期裸で屋外はなかなか厳しかったです(笑)
e0303726_16134131.jpg

でも、寒いのをガマンした甲斐あって最高に気持ち良かった!
e0303726_16404654.jpg


こちらは夜食に食べたイタトマのケーキ。ちょっと胃にもたれたかも008.gif
e0303726_16192519.jpg

[PR]
Commented by iketabi at 2015-01-09 21:59
ご挨拶がおそくなりましたが…
明けましておめでとうございます。
今年も良い旅をして行きましょう~♪

年末は別府へ行かれたのですね~
お宿の露天風呂、気持ち良さそうです~!
別府の湯は熱めなのでしょうか?
以前、明礬温泉へ行った時も「さて入ろう!」と思ったら
かなり熱くて…
折角の温泉でしたがお水を大量投入して湯加減調整してしまいましたよ~
Commented by iamamii at 2015-01-10 20:05
iketabiさん
あらためましておめでとうございます。
今年も良い旅したいです~♪

はい、年末は1泊2日で大分に行ってきました。
宿の温泉ですが、成分表に使用位置54℃と書いてあったので、特別に冷却するような装置を設置してなければ、加水しないと入れないことになります。
仰るとおり、折角の温泉なのに水を入れるのは勿体ない気がしますね。
でも、よくよく考えると、水の量って結構入れたところで全体のお湯の量からすると5%にも満たないでしょうから、温泉の成分が薄まるほどではないと思います(^^)
いけたびさんが泊まられた明礬温泉の宿もモダンな感じで素敵でしたね!
別府は色んなタイプの宿があって、何度でも足を運びたくなって、ホント困ってしまいます(笑)
by iamamii | 2015-01-08 15:25 | 大分 2014年12月 | Comments(2)