年末は「おんせん県」でのんびり(旅館ゆめさき)

私は基本、年末年始は休みではないのですが、たまたま年末に連休が取れたので大分に行ってまいりました。
九州へ行く時は、いつも八幡浜から。
e0303726_2071424.jpg

ちなみにこの画像は助手席の奥さんに撮ってもらったもので、上半分の黒い部分は車の天井です(笑)

本日の目的地は別府。八幡浜からは別府行きの宇和島運輸フェリーも出ているのですが、私は椅子席がある九四オレンジフェリーがお気に入りなのです♪
e0303726_20182469.jpg

ということで、臼杵へ向かって出発します。

当初、八幡浜港近くの食堂で名物の「八幡浜ちゃんぽん」を食べる予定だったのですが、出航の50分前に到着したにもかかわらず、間もなく乗船が始まるとのことで、急遽、港の売店で弁当を購入しました007.gif
e0303726_20222832.jpg

紫色のおかずケースに入った酢の物が2つありますが、これは弁当屋さんのセットミス。
同じ弁当で奥さんのほうは、1個はきんぴらごぼうでした。
ということで弁当になったのは残念でしたが、フェリーは今まで乗った中で一番混んでたので、八幡浜ちゃんぽんを食べていたら椅子席が確保できなかったと思います。

さて、臼杵までフェリーで約2時間半、臼杵から高速に乗って約40分で別府へやってまいりました。
本日の宿「ゆめさき」は別府インターから別府駅へ下る途中の観海寺温泉というところにあります。
別府八湯と言われるように別府の温泉は8箇所あって、観海寺温泉はそのうちのひとつ。有名な杉乃井ホテルもこのエリアにあります。
e0303726_2234919.jpg


玄関の格子戸を開けると長いアプローチがあります。正月用の獅子頭が飾ってありました。
e0303726_22153470.jpg

今回、10日程前からヤフートラベルで宿を探していたのですが、年末ということで選択肢が少なく、なかなか気に入ったところが無かったのですが、2日前になってここの空きが出て、お風呂の写真がいい感じだったので速攻予約しました。
その後、いつも参考にしている旅行口コミサイトのランキングを見ると、別府の旅館131軒中何と105位。これはちょっと早まったかも・・・
前置きが長くなりましたが、不安と期待を抱きながらチェックインです。

靴を脱いで仲居さんの案内ですぐ横のロビーへ。
e0303726_79846.jpg

旅館に似つかわしくない洋風の調度品(笑)
e0303726_772617.jpg

ロビーのソファで抹茶と柚子羊羹をいただいたのち、部屋に案内してくださいました。
e0303726_7152953.jpg

ちなみに宿泊者名簿は、このように部屋の座卓の上に用紙が置いてありましたが、書いても書かなくてもいいような感じでした。
e0303726_7334213.jpg

「もみ」という8畳の和室です。少々古さを感じるものの、畳や座卓は最近新しくしたようで、全体的にはまずまずといったところでしょうか。
e0303726_22332773.jpg

床の間。
e0303726_2313514.jpg

トイレと洗面所は、よそのお宅にお邪魔したような雰囲気でした037.gif
e0303726_23162088.jpg

e0303726_23164882.jpg

さあ、まずは楽しみにしていたお風呂に入りましょう!
HPに内風呂と半露天風呂があって、どちらも貸切で利用が可能と書いてあったのですが、仲居さんの説明によると予約制とかではなく、空いていたら内側から鍵をかけて入ってくださいとのこと。
少し順番待ちをしないと入れないかと思っていたのですが、たまたま内風呂のほうが空いていました。
e0303726_23342498.jpg

部屋を出ると仲居さんが目敏く見つけてタオルを渡してくださったのですが、脱衣場にも備え付けがあります。
e0303726_23373337.jpg

浴室広いです。
e0303726_23415265.jpg

湯舟も写真で見るとさほど大きそうに見えませんが、4~5人でゆったり入れるサイズでした。
e0303726_23583463.jpg

湧出量日本一の別府なので、もちろん掛け流しです。
e0303726_021611.jpg

しっかりと硫黄の匂いがして、温泉を実感。
お湯の温度も程良くて、やっぱり冬場の温泉は最高です!
[PR]
by iamamii | 2015-01-04 20:24 | 大分 2014年12月 | Comments(0)