黒川温泉 夢龍胆(stay①)

それでは、本日の宿に向かいましょう。
臼杵から竹田を経由して小国方面へ。
写真が無くて申し訳ないのですが、久住高原に近づくと、いかにも「高原」という景色に変わってきます。
雪の心配は無いだろうと高をくくっていたのですが、最も標高の高い峠の辺りは細かい雪が降ってて、地吹雪のように雪が路面をクルクル舞っていました。

さて、臼杵から2時間かかってやってきたのは黒川温泉の旅館「夢龍胆」です。
e0303726_2257887.jpg

宿の玄関に車を付けるとスタッフが出迎えてくれました。※写真は夕方撮ったものです。
e0303726_2258047.jpg

入口には歓迎amii様という表示が(^^;)
チェックイン後、仲居さんの案内でフロントのある3階から1階の客室へ。
夢の舎、花の舎、月の舎という3タイプの客室があって、今回泊まったのは花の舎です。
客室の引き戸を開けた入口の様子。控の間かな。
e0303726_23364972.jpg

ホワイトバランスが合ってませんが、部屋は8畳です。
e0303726_23403073.jpg

広縁。
e0303726_23452481.jpg

部屋からの景色は池です。
e0303726_2340159.jpg

鯉がいますが、寒いのでじっと固まって動きません。
e0303726_12502369.jpg

広縁の右手が洗面台。
e0303726_2346942.jpg

浴衣や外出用の手提げバッグなど。
e0303726_2338484.jpg

最後はトイレ。ちなみにお風呂はありません。
今回、宿泊先をどこにしようか色々検索しててわかったのですが、温泉旅館の場合、部屋にお風呂が無いことも珍しくないようですね。
e0303726_23464161.jpg

ということで客室をご紹介しました。
古びた感じは否めませんが、清潔なのでまあ良しとしましょう。

仲居さんがお茶を淹れてくれたので、暫し休憩。
お茶請けは煎餅でした。
e0303726_23361478.jpg

一息ついたら出かけます。
[PR]
by iamamii | 2014-02-06 23:57 | 熊本 黒川温泉 2014年1月 | Comments(0)