玉造温泉 界 出雲(stay②)

さあ、お待ちかねの夕食です。
部屋はロビーから遠いのですが、食事処は部屋のすぐ近くです。※画像はチェックインのすぐあとに撮ったものです。
e0303726_20502712.jpg

フロアに段差が付いていて、窓側のテーブルは中央のテーブルより少し低い位置にあります。
e0303726_20562661.jpg

まずは食前酢。
e0303726_22461549.jpg

もさえびのお造りは先付です。
e0303726_22492022.jpg

塩かオリーブオイルで。
e0303726_22505338.jpg

八寸。
色んなものをちょっとずつって贅沢です。
e0303726_22515911.jpg

海老のゼリー仕立て。
e0303726_2255493.jpg

鮪の茶巾。
e0303726_22563749.jpg

合鴨。
e0303726_22572640.jpg

苦瓜とえんどうの和え物。
e0303726_2259128.jpg

続いて冬瓜のすまし汁。上品!
e0303726_232151.jpg

お造り。新鮮で美味でした。
e0303726_23105035.jpg

雲丹もたっぷり。
e0303726_23115892.jpg

鶏肉の揚物と野菜の天ぷら。
e0303726_2312373.jpg

ここで別注文の利き酒セットがやってまいりました。
形の違うグラスがオシャレです!
e0303726_23153956.jpg

煮物は穴子、湯葉など。
e0303726_23185094.jpg

メインは宍道湖しじみ・白身魚のカタプラーナと島根和牛からチョイスできます。
肉にしました。
e0303726_23233318.jpg

e0303726_2324376.jpg

自分で焼いていただきます。
e0303726_23245418.jpg

最後はご飯。
このお米がまた美味でした。
e0303726_23281492.jpg

e0303726_23283082.jpg

e0303726_23284845.jpg

デザートに至っては5種類からチョイスできます。
私はクレームブリュレ。
e0303726_2331288.jpg

相方はアイスクリーム&シャーベット。
e0303726_233154100.jpg

ということで、大満足の食事だったのですが、接客も素晴らしかったです。
年配の男性が給仕してくれたのですが、ベテランなんだけど嫌味が無く、翌日の観光情報なども、とても丁寧に案内してくれました。出過ぎず、引き過ぎず、とても心地良い応対でした。

食後はロビーで雅楽の演奏があるというので行ってみました。
出雲国(いずものくに)ですね~
e0303726_20464813.jpg

夜の太鼓橋。
トノサマガエルの鳴き声が印象的でした。あまりに規則正しい鳴き声だったので、てっきり私はBGMで雰囲気を演出していると思っていたのですが、聞くと本物の蛙だそうです。
ちなみに、チェックイン後にはお茶室で抹茶もいただけるようでした。
こういう温泉宿は早めにチェックインするのが滞在を楽しむうえで重要なポイントですね。
e0303726_6194934.jpg

小ぢんまりしたラウンジ。
e0303726_20513019.jpg

無料のコーヒー。Saecoのマシンでした。
e0303726_20525618.jpg

湯上り処にはマッサージチェアがあります。
e0303726_2055127.jpg

部屋に帰ると布団が敷いてありました。
畳の上で寝るのは何年ぶりでしょう。
e0303726_6461266.jpg

[PR]
by iamamii | 2012-06-16 19:30 | 島根 玉造温泉 2012年6月 | Comments(0)